« いったい誰が??なぜ?? | Main | 将来の選択肢 »

2005.04.30

勘が働かない場所

GWに中東に行く予定をたてたが、直前にキャンセルした。4月に入ってテロ組織が米英に対して観光客も含むテロ宣言をしたり、イギリスの領事館が事務を休止したり、テロ組織の幹部の裁判がはじまるというニュースが入ったりとしたからだ。


「まあ、いってしまえばなんとかなるだろう」と考えていた。事実、いままでに「危険」という地域にいったことがないわけではない。夜ごと強盗がでる街があった、民主化を求める学生と治安部隊が激突した地域もあった。


けど、僕には守るものが増えすぎている。万一、何かあったらいろんな人に迷惑がかかる。交通事故が嫌だから会社をつくってからバイクに乗らなくなった人間だ。会社は当面は問題なく回っていくだろうが、次の事業展開は僕の頭の中に多くは暗黙知として存在している。いまここで何かあってはならない。


長い旅をしていた時は、これからいく場所のことについて情報収集をする時間と余裕があった。これから向かう場所を旅していた人と知り合って、現地の生の情報をゲットして次の目的地へと向かう。そこには、安宿や美味しい店、ビザの取り方に国境の情報などなど、多種多様な情報があった。


今はインターネットが発達しているためこれらの情報は集めようと思えば日本にいながらに集められる。事実、今回行こうと思っていた国について「全然、問題ない」「治安は悪くはない」という情報もあった。


けど、ネットでは情報の発信者の顔が見えない。誰がどのような意図で情報を発信しているかわからない。そして何より、言葉に含まれているニュアンスが分からない。


僕は何をするにおいても自分の勘を大事にする。「なんとなくこの仕事はうまくいきそうだ」だとか「恐らくこれはこういう形になるだろう」といったインプレッションを大事にする。そこには、論理的どうこう考えるより、自分の直感は多くの場合正しいものだという僕なりの経験則がある。


けど、自分の勘が働くのはあくまで自分の得意分野だけの話だ。例えば、自分が現在行っている広告の仕事については自分の勘はある程度働く。「こうした方がいいな」「これは辞めた方がいいな」「このお客さんとの仕事はまとまるな」という直感は働く(ような気がする)。


けど自分の領域外の仕事に手をだした場合、この勘は働かない。当たり前だ、その仕事に費やした時間や労力、考えた量などが絶対的に違うから勘などは働くはずはない。(勘とは、ある時にひらめくものなどではなく、論理をつきつめたものだと思う)


新しい事業を始めようとする人は多いがうまく行く人は少ない。それは、勘が働かない分野で勝負をしようとするからだ。自分の勘が働かない分野で戦うなどは恐ろしくて僕には考えられない。


僕は中東については今回がはじめての旅行となる。いままで、現地の旅行情報を集めた事もないし、近隣国にいったこともない。だから、いろんな情報に接した今、「いっていいのか、悪いのか」の勘が働かない。と、いうよりその「情報」も発信元の分からない「情報」だ。勘を働かせる素材としては2流品だ。


常に勘が働くポジションで仕事をする、というのは僕が大事にしていることだ。勘が働かないことに手をだすならどんな魅力的な仕事でも辞めた方がいい。痛い目をみるのがオチだ。


とはいえ、勘が働く領域を少しでも増やしていくのが僕らの責務だ。だから本を読むし、人と会う。旅をしたり、物事について考える。そして少しずつ自分のキャパを広げていくということが、勘の働く領域を広げるということだ。


今回はかなり苦渋の選択だったが、いたしかたない。と、いうことで連休の予定が一気にふっとんだ。勘を信じる生き方をするのも辛いものだ。

April 30, 2005 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勘が働かない場所:

Comments

タイトルの勘とは関係ないのですが、"ネットでは情報の発信者の顔が見えない。”という言葉を読んで、「人間と人間とのつながりを大切にする人だなぁ」と思いました。昨今はネットの情報があふれ、その情報には正しい情報もあれば偽りの情報もあるのに、簡単にそのいいかげんな情報を信じ、行動を起こしてしまう人がいっぱいいます。先日の反日デモも多分にネットの影響があったようですし…。ネットは簡単に情報を得られ、ちょっとした要件もすぐに相手に伝えられますが、言葉だけでは伝わらない顔や眼の表情などが大切なのに…と思います。
PS.中東は中止されたのですね。お土産話しを楽しみにしておりましたが、安全第一です!

Posted by: sanave- | May 6, 2005, 12:17:33 PM

Post a comment