« 麻薬捜査に入った警察官に | Main | 週のはじめに »

2005.05.09

旅するノート

ある国に「夢は大好きな場所を旅行して歩くこと」という女の子がいた。けど、貧しい彼女にとって海外は夢のまた夢。海外は距離的にも経済的にも庶民には手の届かない時代の話。女の子は考えた。自分が可愛がっている人形に海外を旅してもらおう、と。


彼女は空港に向かい、これから海外に行く人に人形をたくした。首には小さなノートがかかっており「この子は文字が書けません。お願いです、この子が訪れた場所のことをこのノートに書いてもらえますか?」と一言。更に、「この子はいろんな場所にいきたがってます。あなたが旅先で知り合った方でこの子を預かってくれる人がいればぜひお願いしたいのです」とも。その人形はある人の良さそうな老夫婦にたくされてアメリカへと向かった・・・。


それから数年、世界各国の見聞録が記された汚いノートを首に下げた人形が彼女のもとにかえってきた。多くの方の善意が彼女と人形に壮大な旅をさせたのだ・・。

そんな話をベトナムで聞いた僕は、早速パクろうと思った。翌日ノートを買って、自分のプロフィールと旅先の情報をまとめて、大阪から旅行に来ていた女性に託した。「このノートが訪れた場所のことを何でもいいから書いて、とにかく信用できそうな人にこのノートを託してくれ」とお願いをして。


もう一言、「ノートを受け取った方へのお願い!ハガキに一言でいいので今○○にいます!と書いて送ってください。あと、一番最終ページまできたら僕の自宅まで宅急便で送ってください。」とノートの表紙に書いておいた。


ベトナムで誕生したこのシステム(?)は僕の名字をとって「大塚ノート」といわれた。1册だけでは心もとなかったので、ベトナムで2册、タイで1冊、チベットで2册、ネパールで1冊、インドで1册が知り合った旅行者へと手渡された。


数カ月後、世界各地よりエアーメイルが届くようになった。


「ベトナム→香港→北京→ウルムチ→パキスタン」とやってきました、と神戸の旅行人から手紙が届いた。「インドでノートを受け取った!なんて素晴らしいプロジェクトだ」となぜかドイツ人から英語で手紙が届いた。バングラディッシュから、イスタンブールから合計で10通くらいのノートの旅行情報が寄せられた。


「これは1年もたてば日本に帰国するノートもでてくるな」と思った頃から急に情報がなくなってしまった。旅人達の善意が前提となっているこのプロジェクト。伝言ゲームのため趣旨が伝わってないのだろうか?半年ほどでぱたっと情報がとまってしまった。


僕が世界へと旅立たせた7册のノート。一体いまどこを旅しているのだろう?どこかの安宿の片隅で埋もれて沈没しているのだろうか?それとも、アマゾン川あたりで藻屑となってしまったのだろうか?そんなことを考えると興味はつきない。


ノートの旅立ちから8年がたった。もはや帰国は難しいかなと思うが、まだ幾許かは諦めきれていない。いつか自宅のポストに汚くなったノートが投函されるのを夢見るのもなかなかおつなものだ。


何か「大塚ノート」について知っている方、ぜひ情報をください!

May 9, 2005 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旅するノート:

Comments

Post a comment