« 人生の転換ポイント | Main | 「君のため」と教育する側の意図 »

2006.02.27

「やれ」と言われればやります

3年ほど前のこと。あるお取引先の会議に参加した。


参加していたのは十数人ほど。売り上げの減少に対して、どのように手を打つか?といった内容で、「外部の視点で客観的に聞いていただきたい」との依頼でオブザーバーとして参加した。


メンバーの中に明らかに反発オーラを出している方がいた。


新しい意見が出るたびに「それは無理だ」だとか「それは現実が分かっていない」だとかと反発をする。


その反発が建設的な意見であれば、僕は全く構わないと思う。会議はポジティブな意見を交換するだけの場所ではないからだ。


逆に、ポジティブな意見ばかりの会議は妙に居心地の悪さを覚えたりする。どこかの独裁国家のようで。


ただ、そのメンバーの意見は明らかに「反対のための反対」であった。その上、困った事にこの方は社内ではそこそこの地位にいる。会議をリードする部門長もやりづらそうだった。


会議はある新しい商品を新しく取り扱う事でまとまりそうになった。が、最後にそのメンバーがいった。


「今の時代にその選択はどうかな〜と思いますよ。やれといわれればやりますけどね」と。


「やれといわれればやります??」


僕の嫌いな言葉がでた。会議が終わって、社長から「一言意見を」といわれれ僕はこういった。


「(略)やれといわれればやります、という社員に僕だったら仕事をやらせませんね。クライアントに、一緒に働く同僚に、仕事をお願いする私に、これ以上ない迷惑ですからね。サラリーマン、という言葉は嫌いですが、あえていいますけサラリーマン根性の際たるものだと思います。(略)」と。


当時は(も)僕も若かった。ついつい思ってることを口にしてしまった。もちっと言い方に配慮すればよかったと思ったが、言ってしまったことはしょうがない。別段、そのメンバーからは反発はなかったが明らかに反発オーラが漲っていた。


僕は考える。

全ての職業人はすべからく人気商売に従事している。

クライアントから人気のある営業マンは仕事が増える。

それは、単に「商品がいい」だとか、「提案力がある」だけの話だけではない。「あいつがいると心強い」だとか「元気になる」だとか「困った時に役立つ」なども含めてその人間の全人間力を通しての人気、だ。


その営業マンが「やれといわれればやりますけどね」って姿勢でクライアントの仕事をしていたらどうだろう?明らかに人気は落ち、仕事はなくなっていくだろう。


時代は「会社で働く」から「会社と働く」にシフトしている。

会社から一方的に仕事を与えられる時代は終わった。組織で働く社員も人気商売、といった側面は否定できない萌芽が至る所ではじめている。


「会社と働く」ということは、給料の対価として提供する時間や職業人としてのスキルを通して、自分の人気を高めることだ。「これは彼(女)にお願いすれば何とかなるだろう」というブランドを確立することだ。


究極的には、その人気や実力を会社に認めさせ、社長や上司から「土下座してでもいいから会社に残って欲しい」といわせることだ。

「やれといわれればやります」という社員や会社に次々と仕事が舞い込んでくる、といったこともなくはないだろう。


が、「人気」に基づいて仕事が依頼されているのかどうかは自分なりに判断した方がいいだろう。もしかしたら、他に頼める人がたまたまいなかっただけかもしれない。


せっかく仕事をしているのだから、「ぜひあの人に、あの会社にお願いしたい」といわれたいものだ。
「やれといわれればやります」などといって自分の人気をおとしめてはならない。


※今日のブログはお取引先に関する事が含まれているため、一部事実を脚色して書いています。ご了承ください。

↓今日もワンクリック
人気blogランキングへ

追記
いくら組織に所属していても、自分の価値観に照らして「この一線を越えられない」ということはやるべきじゃないと思います。あとは、「やる気が起こらない」「何となく気が乗らない」ということもやらない方が無難でしょう。

その時は「やれといわれればやります」とごまかすのではなく、やりたくない理由だとか気分がのらないということをきちんと伝えるのが、人気を得る職業人の条件だと思ってます。


February 27, 2006 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「やれ」と言われればやります:

Comments

私もサラリーマン時代、ある書籍の影響で「言うことを言う、言ったら人一倍やる」みたいな若気の至りがありました。
組織の理論で当時の私の言うことは、空気読めよ、と言うところでしょうか?当時の諸先輩方は舌打ちしていたことだと思います。
でも、くだんの「言われたらやりますけどね」氏も「何も言わない、当然何もしない」氏や、ひょっとすると「不言実行」氏よりましかも。
もちろん、目の前でこのせりふ言われたら、ぶちっ、と切れて「いついつまでに、これこれの仕事をやれ」って怒鳴ると思いますが。

Posted by: エンジェルズ・プロデューサー | Feb 27, 2006, 11:40:38 AM

Post a comment