« 今月のよてい | Main | アンジーがきた! »

2007.07.03

決断、は経営者の仕事のみにあらず

「昼飯をカレーにするか、ラーメンにするか」,「目的地に地下鉄でいくか、JRでいくか」、「晩酌のビールを飲むか、のまないか」


そんなささいなことから、引越や転職や結婚といった大事(?)まで、僕らの日常生活は「決断」で満ちている。


仕事もいうなれば決断の連続だ。


一般社員には一般社員なりの、管理職には管理職なりの、経営者には経営者なりの決断を僕らは迫られる。


けど、なかなかこれが苦手な人がいる。


まずは、責任の棚上げ(「上の者に相談してみます」)という決断の回避がなされる。


企業の最終的な責任者は経営者だ。だから、「上の者に相談してみます」も分からないでもない。


けど、現場レベルで決断するようなことを経営者がジャッジしていたのでは、その人の役割は何なの?って僕は考える。まずは、現場レベルでの決断を行った上で、必要とあれば経営者の判断を仰ぐのが仕事の作法としてはふさわしい。


もひとつは、時間の繰り延べ(「もうちょっとじっくり考える」)という回避がある。


僕の実経験ではじっくりと考えていいことが浮かぶことはあまりない。えてしてこのケース、じっくりと考えるポイントが判断できていないことが多い。そんなだから、時間を「じっくり」費やしても徒労に終わる。


一歩譲って、「やはり、じっくりと考えたい」というのであれば、「何を」「どのように」「だれの協力を仰いで」「いつごろまでに」くらいのことは報告する義務があるだろう。


中小企業にとっての時間はかけがえのない財産だ。「じっくり」してる間にどんどんと会社の財産は減っているのだから。「じっくり」に付き合ってるほど市場は優しくはない。


「決断できる力」は仕事を通して涵養されると僕は考えている。それでも「決断が苦手」というのであれば、決断を必要としない仕事をなんとか探したほうがいいだろう。


決断のない人生がないように、そんな仕事があるのか分からないが・・・。


追記
僕自身が決断を先送りするケースは、「決断をするための事実」が集めきれてない時ですね。けど、これもある程度のところまでで決断をしないと、時間ばかりかかってしょうがないと思います。


時間軸を検討要素にいれないと、どんな優れた決断もタイミングを逸した味のないものになってしまいますからね。

July 3, 2007 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 決断、は経営者の仕事のみにあらず:

Comments

Post a comment