« 部下や後輩に迎合しない | Main | 先達から受けた恩は次の世代に返す »

2007.07.10

お店をつくる、という直感が

1ヶ月ほど前の早朝、「お店をつくる」という直感が降ってきた。会社がやっているヒーリンググッズの商品を販売するアンテナショップの構想だ。


すぐさま、スケッチブックに基本コンセプトをまとめて、おおまかな資金計画をたてた。


「70パーセント以上の成功見込み率」


僕が新しいことをする際に意思決定する基準(まあ、ほとんど思い込みだけの成功率ですけど・・)に事業のラフ計画は十分に達している。事業リスクは少ないし、資金だって何とかなるだろうし、今の事業との相乗効果も見込める・・・。これはイキだ、と思った。


2週間後、ある物件が目に付いた。路面に面している1階で、会社からも近い。すぐさま不動産会社に打診をお願いし、物件を見にいった。


物件の広さ、賃料は問題ない。唯一、気になるのは土・日曜日の通行量の少なさだが、あるターゲットに的を絞ることにより何とかなるだろう、と思った。で、事業計画を更にまとめた。


ただ、唯一気になっていることが払拭できずに今回は縁がない、との結論を出した。


なんでも地下室に排水溝へとつながる階段(の跡のようなもの)があって、水場の近く(今回はその上)に店舗をつくるのがどうかな、と思ったのだ。


水場の近くに事務所を構えない方がいい、という迷信があるのかどうか分からない。けど、池をむやみに動かすのはよくない、という一般的にいわれていることとなぜかリンクしてしまったらそれが頭から離れなくなってしまった・・。


僕は、迷信のようなものを信じる方だ。


そこには、昔の人の英知が凝縮されていて、歴史の風雪に耐えた何かが存在していると思うからだ。


そんなわけで今回の店舗計画はいったん白紙とすることにした。


直感が降って来た、などというと偉そうだが、論理的に具体的につめていくと結構、ゆきづまることも多い。すでに店舗構想は僕の中では来年以降のテーマとなっている。


バタバタと相談したみなさん、お騒がせしました。

July 10, 2007 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お店をつくる、という直感が:

» ドラリオン チケット from ドラリオン チケット
ドラリオン チケットについてのブログです。 Read More

Tracked on Jul 10, 2007, 10:20:47 AM

Comments

Post a comment