« 恐怖と焦りとお休みと | Main | 夏の予定 »

2007.08.07

社員教育についての考え方

僕はその昔、経営コンサルタントの会社にいました。


聞こえはいいですが、地元の企業の社長や役員に飛び込みやテレアポで会いにいって経営改善や企業研修などの提案、契約をする地道な仕事です。


よく、「企業研修って何でやるの?」という根本的な問いかけを営業先でいただきました。こういった仕事の原則や根本の話になると担当の仕事観が露呈するものです。経営コンサルティングという右脳優先的な仕事だったためか、結構この手の質問を受けました。


僕はどこかで覚えたせりふ(?)をよく話してました。


曰く、「企業にとっての三大財産は、人、モノ、金です。モノや金を生み出すのはひとえに人材しかいません。そのために、人材のスキルをあげるのです」と。

 
当時は我ながら満足のいく答えをしていたと思ってましたが、いま改めて考えるとビミョーだと思います。


確かに、社員さんの力を向上させるのは企業規模の大小、業種によらず大きな課題だと思います。


僕はよく、「世界のトヨタの経営陣及び現場の責任者クラスが10人がうちの会社にやってきたらどうなるか?」ということを考えますが、きっと僕らが思いもしない方に会社はシフトしていくと思います。


これが人材力の差、です。


だからといって、「すわっ、うちも研修して人材力を高めないと」ではないと思うんです。この辺りの感覚はうまくいえませんが・・・・


そんなことを考えるうちに、僕は「社員のスキルを向上させる」という経営者や研修担当者の発想がいつの頃からか自分に合わないと感じるようになりました。


そこには、どこかに人を操作するような語感があるからです。


僕が会社勤めをしていたとして、そこの研修の担当者が「大塚のスキルをこういう風にあげてやろう」なーんて考えて研修プログラムを組んでたりしたら、その場を逃げ出したくなります。


自分の能力くらい自分で責任もって向上させるわ、と。


だから僕は社員さんに対しては特別、教育プログラムのようなことを強制してないんです。自分の能力を伸ばすのは自分の責任、と思ってますからね。(ここを他人(この場合、会社)任せにしたら自分の主体がなくなるとも思ってます。)


本当は、「広告の仕事をするんだったらこれくらいの本は読め」などと社員さんにはいいたくなるときもありますが、「どの本がいいか?」と聞かれでもしない限りいわないようにしています。


僕の部屋にある本は勝手にもっていっていい、といってます。僕は本を多買いするのでもっていってるのか、もっていってないのかはよく分かりませんが・・・・。


これは、昔の寺子屋の発想にもつながります。


生徒は、自分の関心のあることを学び、先生は学びから生まれる疑問や質問に答えていく、といった形の教育です。そもそも、教育の原点は疑問や質問、だと思います。


実際、この教育という形は効果的でありながら先生の資質、能力に依存することが多く、現在の企業教育や学校教育では導入されていないようです。


けど、僕は会社での社員教育の究極の形は寺子屋にあると思っています。


社長が先生というのはちょっとおこがましいかもしれませんが、その覚悟くらいはもっておいてもバチはあたらないでしょう。従業員の教育に責任を持つ、というのは経営者の仕事と多くの人が口にしますしね。


追記
とはいえ、社歴が浅かったり、仕事暦が浅かったりする人には多少の押し付け(?)的な教育は必要だと思いますけどね。理由は、仕事をやって最初のうちは最初は疑問や質問すらも湧かないからです。


あとは、知らないことは行動できない、ということですね。挨拶だって、ビジネス文書だって、知らなければできないことはとっかかりだけでも教えるのは経営者やリーダーの仕事だと思います。


でも、それからすぐ先は疑問と質問の世界です。

August 7, 2007 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社員教育についての考え方:

Comments

Post a comment