« 【年の初めに 1】人生をゆだねる、というスタンス | Main | 【年の初めに 3】自信と、素直と »

2008.01.03

【年の初めに 2】嫌われることを怖れずに

人間には「体内エネルギー」のようなものがある。


仕事に忙殺されたり、人間関係に悩んだりすると「体内エネルギー」の値は減っていく。


逆に、「すげえ!」ってことを経験したり、感動を味わったり、他人から評価されたりすると「体内エネルギー」の値は増えていく。


活力がある、というのは「体内エネルギー」の値が高い、ということ。事実、バリバリ仕事をしている人は、旅行なり、飲みなり、買い物なり、休息なりと必ずどこかで「体内エネルギー」の吸収に時間やお金をかけている。


けど、僕らが一番苦心しなくちゃならないのは、「体内エネルギー」の吸収よりも消耗だ。


1年365日、1日24時間を僕らは突っ走り通すことはなかなかできないのだから、「体内エネルギー」が必要以上に消耗するのを防ぐために、自分の力を(いい意味合いで)セーブするのも仕事の技術だ。


「体内エネルギー」が消耗していく原因は多々あるだろう。


過剰な仕事や人間関係のストレス。慣れない職場環境での仕事や、器以上の責任を与えられる仕事。健康を害するほどの飲食や、将来への不安を抱えること・・・・


僕にとって「体内エネルギー」を必要以上に消耗させることは、「周りの人に好かれようとする」という行動だ。


人間は人から評価されたい、という欲求が根底にある生き物だ。だから「周りの人に好かれたい」というのは、僕らの根源的な欲求でもある。


けど、さまざまな個性や価値観が存在する中、「周りの人に好かれたい」と思う行動をしつづけることは思いのほかしんどいことだ。


僕らの時間や労力は限られている。


で、あれば「周りの人に好かれたい」という欲求をまずは抑えて、自分がすべきことを淡々と行うことの方が重要ではないだろうか。


その中で、結果的に「あいつはいい奴だ」といってくれる人もいるだろうし、「いややや、あいつはダメだな」という人もいるだろう。


その判断をくだすのは、僕ではなくて、僕という人間と接して第三者が感じることだ。そこに一喜一憂してもしょうがない。


他人に嫌われることを怖れずに・・・・・これも今年の重要テーマ(?)でいきたいな、と。


↓自分もたまにしか押してませんが、押すとランクがあがります
人気blogランキングへ

January 3, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【年の初めに 2】嫌われることを怖れずに:

Comments

jimmyさん> コメントありがとうございます!イチロー選手が同じようなことを言ってました。

「記録は目的ではなくて、結果でしかない」みたいなことだったかしら・・・・。

僕らは結果をすぐ求めたがる性質に染まってます。まずは、その性質に気がつくこと。その上で、「目的は何か?」「結果を追い求めすぎてないか?」って自省することが必要か、と。

でも、これって難しいですよね。

Posted by: 大塚和彦 | Jan 8, 2008, 5:51:59 PM

仕事の目的と結果をとりちがえないようにしたいですね。人に好かれるのはあくまでも結果であって、目的ではないでしょうしね。目的と結果を冷静に見つめることはとても必要だと思います。

Posted by: jimmy | Jan 7, 2008, 1:44:41 PM

Post a comment