« まっすぐ、というご指摘(?)に関し | Main | 会社が引っ越しました »

2008.01.29

幸運を運んでくる人は幸運顔してやってこない?

「ちょっと話が怪しいので気をつけること」


数年前、ある広告代理店とのお取引が始まる前に僕が担当にこう話したそうです。


「新しく当社と取引したい」という話はいくつもありますけど、いろんなパターンがあります。


出版社やメーカーから紹介いただくパターン、クライアントさんが当社を調べて特命でくるパターン、HPを見て飛び込みでこられるパターン、お取引先の紹介などでこられるパターン。


この代理店さんとのお取引のスタートはこれに属さない特別なもの、でした。現場からの話を聞いた限りでは、多少の疑心暗鬼にならざるを得ませんでした。


ただ、あれから数年、この代理店さんは当社とのお取引も数多くなり、当社にはなくてはならない存在となっています。


「自分に幸運を運んでくる人は最初から幸運顔していない」


僕はこう思っています。


最初から不安のまったく無いお取引であったり、膨大な額のお取引を打診されたり、絶対に大丈夫だというルートから紹介されたり・・・・確かにそれは魅力的です。


けど、僕の経験則では


「最初はこわごわとやってみたけど、時間の経過をともに信頼関係が生まれて・・・」だとか「最初はわずかなお取引からスタートした」って方が、長い目でみていいお取引ができるような気がします。


気をつけなくてはならないのは、「怪しい」って最初の段階え門戸を閉じてしまったり、「あそこはダメだな」ってレッテルをはってしまうこと。


どんな人が自分や会社をひきあげてくれるかは分かりませんからね。


↓自分もたまにしか押してませんが、押すとランクがあがります
人気blogランキングへ


追記
一昨日の、白鵬と朝青龍の千秋楽結びの一番はいい勝負でした。向かい合っただけで会場を沸かせる、あれこそ、プロの格闘家の技量でしょうね。マニアネタですが、アントニオ猪木VSストロング小林戦のようでした

January 29, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸運を運んでくる人は幸運顔してやってこない?:

Comments

skahigeさん> コメントありがとうございます!そういや当時はボンバイエが着メロでしたね。(ちなみに、その前はスタンハンセンでした)

僕の記憶では始めての出会いは前職での事務所だったような・・・・淡路町の。

あれから10年近くですか、いろいろとありましたね。。。

バタバタしてますが、落ち着いたら一席もうけましょう!

あと、「猪木のテーマ」は「猪木さんのテーマ」ですので、間違えなきよう(笑)猪木信者はこだわるんですわ!


Posted by: 大塚和彦 | Feb 14, 2008, 4:40:51 PM

初めての出会いも麹町のとあるオフィスで
着メロが猪木のテーマだった話をしてたのを
思い出しました(笑)

最初、「大丈夫かな?」なんて思ってしまい
その節は失礼いたしました。

小さな取引でも、縁がある方はあるし、
大きな取引でも、縁がない方はないですね。

縁は不思議なものです。

Posted by: skahige | Jan 30, 2008, 2:27:13 PM

Post a comment