« 先々の不安への対処や現実をみつめるだとか、について | Main | 経営者は孤独だ、ってことに対してのプチ考察 »

2008.05.26

週末からタイにいきます

週末からお取り引き先とタイにいくことになりました。


商材などを探したり、新しいひらめきを探しにいってきます。


1996年11月 僕ははじめてタイに行きました。25万円の現金+TCと帰りの航空券(1年オープンの成田行きチケット)を持っての長旅のスタートです。


空港に大学時代の先輩(バンコク在住)が迎えにきてくれました。


何が驚いたって、空港のトイレで手を洗った時にお湯が流れてきたことです。タイがそこまで整備されている国ってイメージはなかったですからね。


それからミャンマーやらベトナムやらカンボジアを回りました。


ミャンマーではフリーの日本人宝石師に会いました。お金が無くなるとミャンマーにきて宝石を買い付けしている、といっていました。


ベトナムでは37歳で学校の教師を辞めて漫画家になる、という夫妻に会いました。漫画家になるまでの間に1年間、旅をするといってました。


カンボジアでは3年間もの間、旅をつづけているイタリア人に会いました。農場でがむしゃらに働いて旅にでてきたそうです。


「お前はいくつだ?」ときかれて。「27歳だ!」というと「なんだ、まだ10年は旅できるじゃなか!」といわれました。得体のしれない不安感にさいなまれることもあったので、彼の言葉はとても助けになりました。


つとめていた会社を3年弱でやめて、旅にでたらいろんな人がいろんな人生を送ってることに気がつきました。


それを実体験できたことだけで、僕が旅にでた意味(本来、旅に意味なんかないと思うのですが)があった、と今では思います。


当時から僕の夢(のようなもの)は、仕事で海外に出たい、ということでした。


貿易商社に入ったり、日本から現地駐在スタッフとしていくのではなく、「○○って国が面白いらしい」と思ったら、翌週にはその国にいっているような感じです。


僕は日本に対してはそんなに悲観論をもってませんが、人口が減っていたり、国に債務があったりする中で海外と仕事をする、という部分を持っていると持っていないとでは将来に対してのデッサンも大きく変わってくると思ってます。

May 26, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末からタイにいきます:

Comments

Post a comment