« 仕事の自信と自己の肥大化と | Main | 戦略的、の落とし穴 »

2008.07.17

修行とは矛盾に耐えることだ

「修行とは矛盾に耐えることだ」(『赤めだか』立川談春 扶桑社)


久方ぶりにいい本に出会った。


既存の落語会を飛び出して、独自の流派をつくった立川談志師匠。


高校を中退して立川流に入門した著者。


落語に対する情熱を持つ師匠と、それを引き継がんと厳しい修行に耐える著者と。


落語の世界はよく分からないので自分なりの事実誤認もいろいろとあるかもしれないが、素直に感動した。

そもそも、企業活動は矛盾の連続だ。


「お客さんの満足度を高めながら、きちっと利益を出していく」


「経費を押さえながら、最大限の売上をあげていく」


といった具合に。


その矛盾を突きつめて考えて妥協点(?)を出していく事が仕事の本質だ。


けど、よく見聞きする限りでは仕事の現場はいつからかおかしくなってきた。


矛盾を矛盾として受け入れなくなる局面が増えてきた。


「そんなのはおかしい」だとか「そんなのは理屈に合っていない」だとかが仕事の現場で数多くでてくるようになってきた。


「それをどうにかするのが仕事だろ」って意見が素直に受け入れられなくなってきた。「言い訳はいいからとにかくやれ」っていう上司や先輩がどんどんと減って、いわゆる「優しい」人が大量生産されてきた。


著者は僕より4つ上、だ。


落語会と会社と違いはあるだろうが、まずは「修行とは矛盾に耐える事だ」と言い切る師匠がいたことを素直にうらやましいと思う。


で、僕も「それって矛盾してるじゃないですか!」と下の世代にいわれた時に「仕事とはそもそも矛盾していることのバランスをとることだ」といえる個人でありたいと思った。


かくいう僕は矛盾していることが好きな方ではない。


けど、「それって矛盾してるじゃないですか」という意識を持つ事が仕事をしていく上で田畑の肥やし程度にもならないと最近は痛感している。

July 17, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 修行とは矛盾に耐えることだ:

Comments

Post a comment