« お盆休みが明けました | Main | 無為な一日 »

2008.08.22

テンションを一定に保つ、ということ

テンションが常に一定の経営者


僕はこういう経営者に憧れます。


めっちゃうれしいことがあっても、「勝って兜の緒を締めろ」とか「やることやってるんだから当然でしょ」的な感じで淡々としてて、ものすごいしんどいことがあっても、「まあ、なんとかなるだろ」って感じで泰然としている・・・。


俗にいう腹の据わった人、というのはテンションのコントロールがうまいのだといえないでしょうかね。

人間の気持ちは、作用反作用の法則が働くと思います。


「テンションが高くなりすぎれば、その反作用としてテンションが低い方向に振れる」ということがごく普通に起きてきます。


一個人としては、「喜怒哀楽」の凝縮した人生を送りたいとは思ってます。


けど、会社の代表者としての自分、という側面では「喜」とか「楽」とかを必要以上に表現したり、感じすぎたりすることは、そのバランスとして「怒」とか「哀」に必要以上に振れる可能性があるので気をつけるようにしています。


自分自身がコントロールできるほど簡単ではない、というのが人間の内面というものでしょうし。


「テンションを必要以上に高くしない」というのは、多くの職業人と接してきた僕の経験からくるものでもあります。


高い成果を残す人のタイプには、比較的テンションが高い人が多いと思います。けど、長く続けて成果を残す人は、必要以上にテンションが高い人でない場合が多いと思います。


「あいつはなんだか淡々としてるな」だとか「何を考えてるかよく分んねえな」っ人ですね。


逆を言うと、テンションが高くて成果を上げるようなタイプの人は、どこかしらでテンションのコントロールをする必要があると思います。人間のエネルギーはそうそう無限じゃないと思いますし、ハイペースで日常を生きていても疲れますからね。


「そもそも、そのテンションの高さがどこから来るのか」を見直すことも必要かと思います。


「周りの人に評価をされたい」ということがテンションの高さの原因だとしたら、それは「偽りのテンションの高さ」でしょう。人生を生きているのは周りの人ではなく自分ですし、別段、テンションを必要以上に高くしなくても仕事で成果など残せます。


といっても、これらは「新人にむやみやたらに元気を求めたがる日本の企業風土」のようなのがある以上、そこで働く一個人の問題だけにするにはなかなか難しいかもしれないですけどね。

August 22, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テンションを一定に保つ、ということ:

Comments

Post a comment