« Amazonはすごいビジネスモデルだ | Main | 企業の戦略、について考える »

2008.12.03

コンビニよどこにいく?

コンビニで買い物をしていた。


プリンにしようか、ハーゲンダッツにしようか迷っていた。


そんな時に「○○カードはお持ちですか?」と店員さんに声をかけられた。どうやら店内のお客さんに対して提携カードの勧誘をしているらしい。加入するとその日から使える数百円のポイントがもらえる、とか。


別段、勧誘が悪いとは思わない。けど、それが普通の光景になったら僕はそのコンビニにはいかないだろう。

コンビニの本質的な価値のひとつに「気軽に買い物ができる」ということがあると僕は考える。


個人商店に行った時になんとなく感じる「何か買わないとまずいかな・・」といった後ろめたさを感じないで済むのがコンビニではないかしら。


そんな「価値」があるからこそ(もちろん、その他の価値もいっぱいありますけどね)、コンビニという業界がわずか30年ちょっとで一大勢力になりうるまでになったのではないかしら。


競合店とは確実にシェアの取り合いになるのがこの業界の宿命。自宅の近所でもコンビニの出店、撤退がはげしいようだ。


その中で企業の持つ価値観が変化していくのは当然かもしれない。


けど、「本質的な価値観」だけは変えてはならない、と思うが。クーポンをもらって得した、と考える人はも除いて、大多数の人がカード加入を勧誘されてうれしい訳ないだろうし。


追記
「場」としてのコンビニはこれから大きく変化していくことでしょう。お店にいくとその兆候は、いろんなところにあらわれているように思います。


このカード勧誘もその一端かもしれませんね。勉強する部分は非常に大きいですけど、営業されるのが苦手な僕には正直しんどいです。

December 3, 2008 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンビニよどこにいく?:

Comments

アミーゴさん> コメントありがとうございます!こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

最近、ブログはさぼり気味ですが・・・・。

Posted by: 大塚和彦 | Dec 17, 2008, 9:47:11 AM

お忙しい中有難うございます!


これからも色んな切り口での楽しい記事を楽しみにしています。寒いのでお体には気をつけてください。

Posted by: アミーゴ | Dec 15, 2008, 10:57:16 AM

アミーゴさん> コメントありがとうございます!コンビニが今後どのような展開を迎えていくか、は僕も非常に興味があります。

「環境」という視点から日々廃棄されるといわれている弁当をどのようにしていくのか?あとは、24時間営業が規制されるようになったとした時にどのように売上を補っていくのか、などですね。

コンビニには大変お世話になってますが、個人的には全国どこいっても同じようなお店があるのはどうも・・・・というスタンスでもあります。

けど、将来的なコンビニは個人商店のような形でそれぞれのオリジナリティを発揮する形になっていく、と思うのですけど・・・・。

Posted by: 大塚和彦 | Dec 12, 2008, 6:40:48 AM

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

本題から多少ズレるかも知れませんが、巨大な店舗網というネットワークを活かして多種多様なサービスを展開していく、これが仮に30年前に織り込まれていたとすると、これは凄い!と思う反面、「手軽さ」「気軽さ」を強みに成長したコンビニ業界が変革の時期を迎え、どんな変化をしていくか非常に興味があります。ただ、大きなアドバンテージを有するネットワークを活かすも殺すも、「顧客視点」での経営か否かで決まってくると思っていて、そこらへんが競合との生き残り合戦で明暗を分けるかと。

数十年かけて作り上げたものが、「化ける」という観点では、長期的視野で大企業を作る、みたいなロマンティックな事業意欲をくすぐります。

Posted by: アミーゴ | Dec 4, 2008, 12:49:08 AM

Post a comment