« お金が回らない、なんて時代に「お金」を考える | Main | 「やる気」について考える »

2009.01.20

経営とは何か、を考える

「会社をはじめるにあたって、何からはじめたらいいでしょうか?」


僕は会社をつくろうと思った時に、ある方に相談しました。この方は企業の財務や経理にとても精通された方です


「何って、まずはお客さんを見つけること以外にないでしょ」


と、答えは明確でした。


僕は、「会社の売上管理のシステム」だとか「請求書を発行するしくみ」だとかの話になるだろうかなと思っていたので拍子抜けしましたが、確かに重要なことだと思いました。


それからいろいろな方の創業、起業を間近で見たり、相談を受けたりしてきていろんなタイプがいるんだな、と思いました。


●僕のように「会社の運営システムから入る人」
●「名刺や会社のロゴをどうするか?」という形から入る人
●「とにかく営業!」と動きはじめる人
●「人がいないと売上もあがらん」と採用から入る人
●「経営を理解しないと」と勉強から入る人


今の僕は「経営をするにあたって何からはじめたらいいでしょうか?」という質問に対しては、「経営における企業の死(=倒産)とは何かを知ること」というようにしています。「どうしたら倒産や廃業してしまうかを理解すること」、それなしに起業はありえません。(あくまで自論です)


僕は債権者会議に出たり、いくたの会社の廃業を目の当たりにするうちに「倒産や廃業にならないためにどうするか?」という視点からモノを考える姿勢がどうも知らぬ間に身についてしまったようです。


その上で、「お客さんのために何ができるか?を考え、それが自社の売上につながるかどうか考えること」と答えるようにしています。


どんなにスキルや技術があったって、それがお金をいただいた上で受け入れられなければ自己満足でしかないですからね。今の時代のマーケットで自分のスキルや商品、技術やセンスが活かせるかどうかを徹底的に見つめ、考えることです。


売上管理のしくみだとか、給料制度だとか、税金や保険のことだとか・・・そのようなことはやっていくうちになんとなく必要にせまられてつくられていったり、覚えたりしていくものです。(というか、今でもしらないことがたくさんですけどね。何とかなります。)


何も知らなければ経営はできないし、知りすぎているからといってうまくいくわけではない。


その辺が非常に絶妙でいいですね。


どんな形の経営スタイルをとるにせよ僕らが根本で考えておかないといけないのは、「経営とは何か?」を考える時に存在する「どこかに答えがあるのではないか?」という思いです。


どこかに「経営とは何か?って答えがある」と思うと、無意識のうちに僕らはそれを探しにいってしまします。そして、本来やるべきことをやらないで答え探しをしてしまったりします。


けど、そんな答えなんかないんです。


経営とは思いこみであり、一種の狂信的な信念です。


「こうすればうまくいくだろう」「こうやれば喜んでいただけるだろう」という信念の前には、どんな経営書だって色あせる、と僕は思います。そんな姿勢の前には、勉強すべき課題が嫌でも次々と迫ってくるでしょうしね。


今思うと「何からはじめたらいいでしょう?」って質問は、どこかに答えを探していた気持のあらわれなのかな、なんて思ったりします。

January 20, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経営とは何か、を考える:

Comments

Post a comment