« 自分の仕事の根源について考える | Main | 中小企業のブランド棄損を考える »

2009.01.29

信念とは生涯変わらないものか、ということについて

経営とは思いこみであり、一種の狂信的な信念です。


と、先日のブログで書きました。


すると、「『信念』ってのは力強い言葉だけど、それが一生涯変わらない自信があるか?」とつっこみがありましたので補足します。

僕には「運を呼び寄せることが経営では大事だ」という信念があります。どういう影響でこういう考えになったかはわかりませんが、「運」を味方につけることはとても重要だと考えています。


もし、「運なんて経営には関係ないでしょ」って考えの人と意見が対立した場合、僕の「信念」はなかなか変わらないと思います。


では、「未来永劫、その信念が変わらないか?」と問われると心もとないです。


すんごく大きなことが起きるのではなく、たまたま読んだ本の一節に「信念」がガラガラと音を崩れて壊れていく-そんな可能性もなくはないと思います。


「信念」という言葉をつかっていて自己矛盾するようですが、人間の信念(こと、僕の場合ですけど)なんてそんなものだ、と考える自分がいたりします。だから、会社経営者などの実務家が「信念を持つ」なんていう場合には「信念なんて変わるもの」くらいの感覚がいいのではないかと思っています。


実際、優秀な経営者の言動を聞いていたりすると、時の経過だとか外部環境の変化とともに「信念」は微妙な形で変化しているものです。(だいたいが、後付けの理屈がうまい人でしょうから周りは気が付きにくいでしょうけど)


当然ですよね。今現在の自分の能力や立ち位置からでは見えない世界ってのはきっとあるでしょうからね。


「信念」なんていう言葉を使う時に、心のどこかに「今、現在の」という枕詞(?)をつけるのはいがいに重要かもしれませんね。


「そんなのは本当の信念ではない」などといわれると困りますが、「信念」なんてものに本物も偽物もないわけであって・・・・要は自分の人生をどうしたらよりよく切り開いていくための一つの手段、って感じが付き合うのが僕は一番いいかな、と。


「信念」に縛られて身動きできなくなったり、「信念」に縛られて新しい発想が得られなかったとしたらこんなに残念なことはないですからね。

January 29, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信念とは生涯変わらないものか、ということについて:

Comments

Post a comment