« 人材の採用について考える | Main | 新しく社会人になられる方へ »

2009.03.30

在庫だとか人材だとかを抱えないビジネスについて

「在庫を抱えないビジネス」


というものが、一時期一世を風靡(?)しました。在庫を抱えないばかりか、マンパワー(人材)もアウトソースしてしまって「軽い会社」がもてはやされる時代があったりしました。


僕もこういうビジネスモデル(?)に感化されていろいろと研究しました。会社をつくった頃は月々の固定費を減らすことが至上命題でしたからね。


けど今では、「会社にノウハウが蓄積されていかないアウトソースは長期的には不効率だ」というスタンスですし、「在庫を全く抱えないビジネスモデルでは、不況期に売上をあげる手段が限られるので得策ではない」という考えです。


そもそも、「軽い会社」というのが至上命題の経営はどこか違うような気がしてなりません。


「顧客にサービスを」という視点に徹底的にたてば、アウトソースを中心としたビジネスモデルは考えにくいと思いますし(あくまでも自論です。)、「この商品は誰かの役に立つ」という信念があれば、ある程度の在庫を抱えることで取引条件を交渉するというのは経営の初歩の初ですからね。


経営環境が悪くなってきている昨今、「人件費」だとか「在庫」だとかが経営の矢面にたったりしてるようです。


けど、次のビジネスをつくっていくのは「人件費」を支払って仕事をしていただく「人材」でしょうし、売りあげをつくっていくのは「在庫」という「資産」であるという視点を忘れてはなりません。


「軽い会社」が今の時代にどのような経営環境におかれているかよくわかりません。


けど、次のビジネスを生み出していく「人材」だとか、売上を稼いでいく「資産」だとかがない状況でどのように時代を乗り切っていくのか?


これは難しいと思います。打ち手の数は絶対的に限られ、最終的には「経営者の頑張り」に頼らざるをえないでしょうし。


そもそも、「人材」や「在庫」と格闘することが経営力をつけるために一番の手段のような気がしてなりません。


追記
翻訳、デザイン、海外との交渉、ライティング・・・今でも外部の方に仕事をやっていただくことはめずらしくはありません。


社内にいる人間と同じような考え方で力を貸していただいている方もいらっしゃいますが、僕は「日常的に一緒の空間で働いていることの強さ」を大事にしています。


これは、理屈抜きに大きなことだと思います。

March 30, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 在庫だとか人材だとかを抱えないビジネスについて:

Comments

Post a comment