« ビジネスの立ち上げ期にこれをしたらいいんじゃないか、と思うこと | Main | あいつは仕事ができる、ということについて »

2009.04.28

「冬眠」を受け入れる、という姿勢

今朝、お風呂に入りながら読んでいた『日経ビジネス』(日経BP社)に、「正しい『冬眠』の方法」という記事が載っていました。


学生ベンチャーの草分け的存在・堀場雅夫さん(堀場製作所最高顧問)が書かれたものです。

業績が低迷すると、おろおろして新しい事業に進出したくなるのが経営者の心理だ。しかし大抵の場合、慣れないことに想定以上のエネルギーを使った揚げ句、失敗する。よほど画期的な製品やサービスでない限り、ほかの会社が長い間取り組んできた分野に進入して儲かるはずがない。儲からないだけならまだしも、品質問題やクレーム対応などの後ろ向きの仕事に時間と金を使うはめになる。


いかなる時代でも企業として新しい分野への挑戦は必要だが、最もダメージが大きいのは、短期対応のための事業にカネと人材が奪われた結果、本業の競争力が落ちてしまうことである。それではせっかく春(大塚注 景気回復のたとえ)が訪れても、すぐに動き出せずに機を逸するだけだ。無駄に動くことなくじっと我慢できるかどうかも、経営者に必要な能力の1つである。


と、「冬眠」をすすめられています。


僕はこの考え方に賛成です。


じっと我慢をしながら次のチャンスが来るまでの基礎固めを行うこと、勉強をしておくこと、研究だとか開発だとかを行っていくこと、人材のスキルをあげておくこと


これらは、当期利益に直接結び付きにくい性質を持っています。けど、今のような、「自分がいる業界以外も悪い」、「海外のマーケットにも頼れない」とかいう時代には、体力を温存し力を蓄えておくことがなによりも大事か、と。


僕らのDNAの中には知らぬ間に、「企業として成長し続けていくこと=善」といったプログラミングがなされているように感じていますが、今のように市場が成熟化した社会ではそんなプログラムを破壊して、「企業として成長していく段階」と「成長の準備をする段階」とをうまくコントロールしていくセンスが必要な気がしてなりません。


その昔、ある先達経営者が


「今はね、売上を下げる時期なんだよ」と笑いながらいっていたことがありました。


その時は????だったのですが、今思うと彼なりの「成長と冬眠のコントロール」の話をしていたのかな、と思います。


April 28, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「冬眠」を受け入れる、という姿勢:

Comments

Post a comment