« 経営の「打ち手」について考える | Main | アメリカから戻りました »

2009.06.26

アメリカまで仕入れにいてきます

今日からアメリカにいってきます。


今回は通訳さん(いままでケンタッキー州とオーストラリア、ドイツにご一緒しました)とうちの会社の社員さんと3人でいきます。


いつも働いている場所をちょっと離れるだけで頭のスイッチが切り替わった感がする・・・そんなことってありますよね?


僕が「これは!」と思うアイデァを思いつくのは出張先のホテルだったり、通ってるスポーツクラブだったり、朝の喫茶店だったりします。(でも、思いつきだけで、よくよく考えるとたいしたことないアイデァだったりすることが多いですけどね・・・・)


アメリカ本土にいくのは2年ぶりですが、まずは、自分の頭のスイッチが切り替わった時にどのような創発が生まれるのかが楽しみです。


もひとつは、一緒にいく社員さんのとの掛け合いの中での創発です。


うちの会社で2年くらいの女性なのですが、よく僕にダメ出しをします。2年前もアメリカにいってある商品のサンプルを買って自信満々で帰国したのですが、確かダメ出しをされました。つい最近も某商品をめぐって意見が激突(?)しています。


ただ、創発は異なるもの、異なる意見、異なる個性、異なる考え方・・・それらの激突の中から誕生しやすい、と考えると出張に同行するには最強のメンバーやもしれません。


今のような低成長下では、企業は創発を促すしくみを自らがつくっていかなければなりません。思いもがけない創発が企業の運命を変えてしまう、なんてケースがいくらでもありますからね。


ここにかけられるだけの時間とお金と労力をかけようかな、と。


7月上旬には戻ります。関係各位にはいろいろとご迷惑かけますがよろしくお願いいたします!


追記
090626


最近は読書をさぼっていたので道中で本を読みたいと思います。会社にあった本を適当にセレクトして持っていきます。読みたい本より、そこにあった本、という感じかしら・・・。精神世界的にいうと、こんな時に選ぶ書籍にも何かしらの意味があるんでしょうかね・・・?


June 26, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカまで仕入れにいてきます:

Comments

Post a comment