« 直観なのか、エゴなのか | Main | 創業の頃は出会いばかり、でした »

2009.07.28

経営者の「感覚のズレ」を考える

会社が軌道に乗ると収入が増えていきます。経費が使えるようになり、食事をしたり、お酒を飲みにいく店が変わっていったりするようになります。


タクシーに乗る機会が増えたり、ゴルフなどの付き合いが増えたり、身につける装飾品や洋服のメーカーがよくなっていったり、すごい車を乗り回すようになったり・・・。


もちろん、一般的な話ではありません。この流れに沿わない人もいっぱいいるでしょう。

けど、「会社をやる前と何も変わらない」という人はほとんどいないんではないでしょうかね。少なくとも僕の見聞きする限りは、ですけど。(もちろん、自分も含みます)


こうしたことから「感覚がズレてくる」なんて話の萌芽が生まれてきたりします。


僕の場合、昔は行くだけで場の雰囲気にやられていたようなお店に行っても緊張(いろんな意味で、ですね)しなくなってきたかもしれませんし、「電車で帰れないこともないけど、明日を考えてタクシーに乗る」なんて局面も増えました。ゴルフは月1回を限度に平日やってますけど、昔は「俺はゴルフはやらん!」といっていた人間からすると大きな変化です。


都内在住者には不効率だと相変わらず思っているので車は所有していませんし、賃貸派なので住宅も持っていませんが、昔は関心もなかった(というかしてませんでした)腕時計を「新しいのが欲しいな」なんて思ってます(そう思って1年以上経ちますが・・)。


そいや、ご飯を食べることが生きがいですので、御飯だとかお酒だとかにかけるお金は昔に比べるとだいぶ増えました。


「自分自身の感覚がズレているかどうか」を見極めるのは難しいことです。


「2,000万円の車を買った」という社長を「感覚がズレている」というのは簡単ですが、「リスク背負って商売をしてちょっとした成功を収めたのだから人と同じ車は嫌だ」という経営者の感覚も十分に理解できます。(会社の経費で購入したら僕的には確実にズレてると思いますけどね)


更にいうと、「社長の感覚が昔と同じままでいいのか」という問題があったりもします。


その昔、僕は露店で50円のネクタイを買っていたり、出張にいくと安くて広くてどこにでもあるからという理由だけでラブホテルに飛び込みで宿泊していたりしていましたが、「今もそのままでいいのか?」というとかなり微妙ですよね。(これは極論、かしらね?)


社長としての「自分の感覚」をどのように保つのか、というのは非常に難しいところです。何も考えなければそれでいいのかもしれませんが、社長と社員さんとの間に存在する組織の問題の根っこには多くの場合「社長と現場との感覚のズレ」が存在している以上、頭に置いておかないとならない問題かな、と。


僕はこう思います。


まずは「感覚はズレていくもの」だし「感覚はズラしていくもの」だと認めることです。僕は本をよく買うのですが、本を買う時の感覚はきっと1万円が500円くらいの感覚になっています。「いいな」と思う本を高いから、という理由だけであきらめることはほぼありません。


で、そんな「感覚のズレ」は必要なことだと思ってます。この辺の部分で「感覚のズレ」がなくては経営判断(特に、大きなお金の動く案件)なんてできませんからね。


で、僕らはその「感覚のズレ」をどこまで拡大解釈するか、を自分なりにメタの位置、客観的に見つめることです。


そんな「感覚をズラしていく」作業を、「感覚のズレの振り幅」を考えながら進めていくことが肝要か、と。


「感覚がズレなくてもいけないが、ズレ過ぎてもいけない」


その二律背反することを統合するには、「『感覚がズレ過ぎ』と口に出していってくれる人を近くに置いておく」しか究極的な対応策はないと思います。「感覚をズラす作業」自体が、自分を客観視しずらい状況に置く、ということですからね。


会社の社員さんでも、奥さんでも、苦楽をともにしたお取引先でも、ビジネスの師匠でも、コンサルタントでも、バーのママでも、歴史書でもいいでしょう。「感覚のズレ」をきちんと指摘してくれる人を味方につけることは、何よりも強いことなのですね。


今は「優しい」人が増えたのでこうした人を見つけるのは大変な時代なんでしょうけど、だからこそ値千金の価値があったりするのかな、と。

July 28, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経営者の「感覚のズレ」を考える:

» マイホーム 資金計画 from マイホーム 資金計画
マイホーム 資金計画 Read More

Tracked on Aug 14, 2009, 4:30:15 PM

Comments

ひめらぎん57さん>コメントありがとうございます!

個人の性格、と片づけるにはちょっとつらい社長さんですよね。

創業社長なのか、そうでないのか、といった部分でも周りの意識は若干変わったりしますよね。

圧倒的な実力のある社長さんであれば、こうした問題は霧散してしまったりするなんてこともありますよね。

「なんだかんだいってあの社長がいるからな」なんて話になりますからね。

と、考えると今の情報だけではなんともいえないですけど・・・。

僕がひめらぎん57さんの立場だったら意見具申はできずに自分の中で折り合いつけてやってくんだろな、と。

雇用を持ち出されて意見具申できるような強い人はそうそういないでしょうしね。

その社長さんは変われるチャンスがあるんでしょうかね?僕にはなんともわかりません。考えがまとまってないですね、すません。


Posted by: 大塚和彦 | Jul 30, 2009, 12:13:54 PM

うちの社長は経費で車を買ってわずか数分の通勤にもその車できます。完全にズレてますけどだれも注意しません(できません)

なんでも俺にいえなんて口にしていますが、口にしたとたんに雇用が危なくなります

ズレというよりかは個人の性格の問題だと思って付き合っていますが・・・

Posted by: ひめらぎん57 | Jul 29, 2009, 3:56:07 PM

Post a comment