« 報告、連絡、相談について考えてみる | Main | 賞与が終わったということで、賞与に対しての思いでなぞ »

2009.07.09

「公私混同」について考える

「うちの社長は公私混同している」なんて話を考えてみます。


日本の職場でこの言葉が語られる時、「経費を使いすぎ」だとか「平日ゴルフに行き過ぎ」だとかいったネガティブな文脈で使われるようなことが多い気がします。


特に、景気が悪化したりするとこうした話が噴出しやすいのが組織というもの。戦国小説を読むと負け戦になると公私混同がやり玉に挙げられたりするシーンがでてきたりします。きっと組織や人間というものの本質的な部分(?)なんでしょうね。


中小企業の代表者のどこからが「公」でどこからが「私」なのかを区別するのは非常に難しい、僕はそう思っています。


事業を行う動機やきっかけは、多くの場合「私」としての経営者の考え方がベースになることが多いはずでしょうし、そもそも、「私」を全く抜きにした「公」なんてものは存在しないと思いますので。


僕は、「経営者が公私混同だと周りにいわれないようにする」という頭を持つことと、「公私混同してるんじゃないですか?」と意見を具申(?)してくれる人を近くに置くことが大事だと思います。(これは倒産コンサルタントみたいな人の受け売りです)


あとは、「自社の社員さんが自分と同じようなふるまいをした時に甘受してられるのか?」という問いを持つことかな、と。


ある社員さんが1ヶ月に10日間ゴルフをしていても問題ない、なんて思うのであれば自分だってそうしたらいいんです。(あくまでも「公私混同」という観点からの話ですけどね)甘受できないのであれば「公私混同」をしている可能性が高いのかな、と。


話は全く変わります。


中小企業の場合ほとんどの経営者が個人保証をしていると思います。


僕の場合、「事業資金借り入れの保証人」「事務所の保証人」「コピー機などリース機器の保証人」「お取引先との取引の保証人」など、数多くの保証人になっています。


本来、会社は倒産しても経営者個人は責任を負わないのが株式会社というシステムなのでしょうが、日本の保証人システムによって多くの経営者が「会社の倒産=経営者個人の責任追及」みたいな形で責任を負う立場になったりします。


いってみればこれだって「公私混同」です。


会社が危機を迎えれば経営者は自分の給料をカットしたり、自分の貯金から貸し付けをしたりします。まあ、会社が危機になった責任の多くは経営者にあるのでしょうから当たり前といわれれば当たり前かもしれません。


けど、「公」とか「私」とかいう視点から考えるとそもそも日本の中小企業の場合は「公私混同せずにはやっていきにくい」側面を持っているのも事実なんです。代表者の「私」としての立場を出さないと事務所だって借りられませんし、リースだってできません。事業資金だって借りられませんし、大手会社と取引だってできなかったりします。


だからといって悪い意味での「公私混同」を認めていい、という理屈にはならないと思います。けど、悪い意味での「公私混同」を少しはしてもいいかな、という気持ちになるのは仕方なかったりするのかな、とも思います。経営者だって人間ですからね。


その中で、「公私混同というものとどう折り合いをつけるか?」が各経営者としての美意識なのでしょう。


「公私混同なんていくらでもできるけど俺はやらない」ってスタンスがとれるとかっこいいですけどね。(僕がそうしている、ということではありません。念のため)

July 9, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「公私混同」について考える:

» 億万長者の村の特集---口コミの利用。 from 億万長者の村
   ◆初めて読む人は最初から読んでください。前の頁は「投資情報特集」の書庫にはってます。  {{{   ●口コミを利用して市場拡大へ。  }}}    ☆ペインド・パブの使い方。   〓彼女のハートを射とめるには。    a)好きな彼女に自己PRをしたい時は2つの方法があるだろう。      多くは「僕は高所得で家があり、人柄はよく、君を絶対に幸福に-----」と自分で話す方法、      情報..... Read More

Tracked on Jul 9, 2009, 1:32:07 PM

Comments

Post a comment