« 経営者だからといって「人を見る目」があるものだろうか | Main | なぜ社長の話はわかりにくいのか »

2009.09.30

政治の話、について

もう時効だからいいでしょう。


数年前、ある社長さんを紹介いただきました。なんでも、「広告の相談をしたいので」ということで。


で、飯田橋にある喫茶店で打ち合わせ。(余談ですが、この喫茶店はつぶれてしまいました。すんごくいいお店だったんですけどね)

仕事の話もそこそこに、政治の話だとか社会問題だとかの話になりました。


「小泉政権がどーだか」だとか「官僚が今の日本をダメにしている」だとか•••。


僕のスタンスは「文句いうなら自分でその立場にたって改革なりをしたらいいじゃないか」ですので、政治家や官僚の悪口をいって満足する(してるのかしら?)のがよくわかりません。


それ以前に中小企業の社長なんぞは、政治だとかに関心を持つ事は重要ですがもっとほかにやることがあるはずです。商品をつくったり、顧客満足を高めたり、資金の分配に思いをはせたり、といった使命があるはずです。


僕は「政治の話はいいです」といいましたら、「政治に関心を持たないといけない」とかいって諭されました。


別に関心はなくはないですけどね。テレビは見ませんが、新聞は読んでるつもりですし。


今であれば、鳩山政権の中小企業対策はすんごい関心がありますし、特に亀井大臣が構想されていることはすんごくインパクトがあるとも思います。


けど、政治は中小企業の社長がビジネスタイムの時間に、それも新しく紹介いただいた方と時間をかけて話をする性質のものではないと思います。自分の中だけで、考えたりしていればいいのかな、なんて思います。


むろん、松下幸之助さんのように優れた政治家を輩出して国を変える、なんて経営者は別ですけどね。


そんな志がないで、茶飲み話で政治をとりあげるほど、僕らは暇にしていたらいけないのかな、なんて思います。


そんなこというから嫌われたりするんでしょうけどね•••。


追記
今日は決算です。といっても、これからもろもろとやっていって、11月末までに税金を納めて一段落です。9期目が終了ということなんですが、実感は全くなしです。昔はもっと売上に一喜一憂していたような気がしたりして•••


どなんでしょうね。ちょっと草食系(?)になってきた部分もあるのかしら••?

September 30, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政治の話、について:

» 132万円で落札!矢口真里のデジカメ メモリのデータは!? from 矢口 真里(やぐち まり)のデジカメ
狙いはデジカメ内の矢口の秘密画像にちがいない。そして、さっそく流れているファイルを発見した。 Read More

Tracked on Sep 30, 2009, 9:01:54 PM

Comments

Post a comment