« 人は「頑張らない」といけないのか? | Main | 13年前の今日 »

2009.10.23

机だとか倉庫だとかを片付ける、ということについて

あまり片付けが得意ではありません。


机の上はいつもごちゃごちゃ。昔までは、「だいたいあの山の上から3センチのところに探している書類がある」などと勘が働いたのですが、最近はよくモノをなくしたりします。


けど、ユニクロの柳井会長が感銘を受けたといわれる書籍に「トップマネジメントに属する人間にとって、当然なすべき程度と水準の仕事をしながら、同時に机の上をきれいにしておくなど、実際からいって不可能である。」(プロフェッショナッルマネージャー ハロルド・ジェニーン著 ダイヤモンド社 P167)


なんてあるのを見つけてから、「混沌の中でこそアイデァは醸成される」などと勝手に理屈をつけたりしています。


けど、会社の倉庫(在庫商品を置いてあるところ)に関してはきちんとしていたいと思います。


倉庫管理が僕の仕事ではありませんが、必ず1日に1度は見るようにしますし、自分の机は片付けませんが倉庫は片付けます。


なぜか??


倉庫を片付けると利益があがるから、です。


何年か前のある方にいわれてから「倉庫を片付ける」「棚卸しをきちんとやる」ということをやってきたのですが、どうやら利益はきちっとあがるみたい、です。


理由をいってしまえば、「不良在庫をなんとかしようとしよう」だとか「在庫過剰の商品の発注を制限しよう」だとか「この商品が売れているのであれば、次はこういう商品をいつくろう」といった意識が働くからなのでしょう。


あと、非常にスピリチュアル的な考え方になるのでしょうが、「いつも目をかけている商品には魂がやどる」なんて思ったりします。


まあ、この辺の考え方はひとそれぞれ、でしょうけどね。


とにもかくにも、在庫を持つ仕事をされている方は倉庫の片付けをしっかりとやるようにするのは得策か、と。


昨日、あまりにもうちの倉庫が片付いていたのでこの辺の考え方を書いてみました。


October 23, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 机だとか倉庫だとかを片付ける、ということについて:

Comments

Post a comment