« 政治の話、について | Main | 決算書に現れないもの »

2009.10.05

なぜ社長の話はわかりにくいのか

タイトルと同名の書籍を読んでみましたので、このテーマについて考えてみます。


僕の場合、「俺の話はわかりにくいんだろうな•••」と思うことは日常茶飯事です。


例えば、会議などで「これからの時代はこうなって、うちの会社はこうする」的な話をするとき。


こうした話には様々な背景が存在しています。


「僕が今まで読んできた本」、「僕が今までに考えてきたことがら」、「いままでの職業人としての経験」、「職業人としての美意識」、「歴史観」などなど、それらをブレンドさせた上澄み液、それが僕が話をしていることがらです。


当然、僕と同じような経験をし、同じようなことを考えてきて、同じような本を読んだり、人と会ったりしている人の方が少ないでしょう。


もともと、「社長と社員さんとの話はわかりにくいもの」である土壌は存在しているわけです。


また、多くの場合、社員さんよりも僕の方が会社の事業について長い時間考えています。当然、「社長の頭では整理できてているけど、社員さんの頭の中では問題すら顕在化していない」なんてこともあったりします。


当然のこととして、「わかりにくい」話になります。


もひとつ、「朝と夕方といっていることが違う」という場合。


これも半分くらいは自覚していますが(半分くらいはきっと無自覚です)、よくあります(笑)


で、朝話したことが変更したことを伝えないから「聞いてない」「朝いっていたことと違う」とかになったりします。で、僕の方は、「そもそも朝話をしたこと」さえも忘れてたりします。


会社の軸となる部分(美意識ですとか経営理念の部分ですね)がコロコロと変わるのであれば問題でしょうけど、「打ち手(会社でやっていく業務だとか戦略だとか)なんて刻一刻と変化していくものだ」と考える性格の人がどうも社長職の人には多いようですね。


自分も含めて、ですけど。


それが、「社長の話はわかりにくい」になるのかな、と。


むろん、それ以外にもいろいろと要因はあると思います。「主語が抜けて話をする」だとか「擬音ばかりで会話する」だとか「そんなのわかってて当たり前って姿勢で話をする」とかですね。


僕は、「そもそも、社長の話なんてわかりにくいもの」ですし、「社員さんが話をしてもわかってくれない」っていうのは社長の傲慢(?)と思ってます。(もちろん、程度の問題はありますけどね。)


逆に言うとそれだからこそ、社員さんの側に「わからないことは『わかりません』という」ことが求められているのかな、と。


「社長の話はわかりにくいんだよね」で終わりにしていたらお互いに不幸(?)ですからね。


僕は「わからない」とか「わかりにくい」といわれれば、「この話は今の状況では相手に伝わらないだろうな」とか思ったり、「自分の言葉でうまく説明できるかしら」と思ったりしても自分の言葉で説明するようにします。たとえ、誤解を受けたり、曲解されたりしてでもです。


それが、上に立つ人が果たさなければならない「義務」の一つかと。


「いつかわかるだろう」なんて思っているうちに時間なんてどんどんとたってしまいますからね。要注意です。

October 5, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ社長の話はわかりにくいのか:

Comments

Post a comment