« 日常の言葉、について考える | Main | 副業で起業する、を考える »

2009.11.30

週末は高校の同窓会でした

週末は高校の同窓会でした。


1988年の3月に卒業でしたから、22年近く経つわけですね。100人を超える方がいらしてました。さぞかし、幹事のみなさんは大変だったと思われます。お疲れ様でした。


僕は、「普通の」子供でした。


病弱で、勉強も運動もごくごく普通(または、普通以下)、算盤しか特技がない、そんな子供がとりたてて勉強せずになんとなーく「普通に」入学した高校でした。


で、その高校で「クラスの20~25番目」くらいの「普通の」成績を3年間キープ(?)しました。


浪人時代は死ぬほど勉強し、大学時代は刺激的な友人が多くできたこともありエキサイティングな数年間を送りました。けど、基本的には「自分の中での普通感」は常にどこかにありました。


けど、それがいいとも悪いとも当時の僕は思わなかった、と思います。というか、「普通じゃない」という生き方のモデルが僕の近くには存在しなかったのかもしれませんね。


そんなものですから卒業後は、「普通に」民間企業に入社し、「普通に」仕事をしました。


そんな僕ですがいつからか「普通ではなく、変わった人でいたい」と思うようになってました。


きっかけは、本多勝一さんや藤本義一さんの本を読んだ学生の頃のようだった気もしますし、社会人を2年11か月で辞めて(「3年で一人前」ってのに対しての小さな反抗です)旅に出た頃のような気もします。


はたまた、旅先で知り合った旅行人に影響されたような気もしますし、「独創的な経営者は皆変わり者だ」と創業時に感じた頃のような気もします。


とにもかくにも「変わった人でいたい」と思うことは、僕の中での大事な信念になりました。経営者が「普通」を目指していたら社会の損失、経営者という使命を与えられたのだとしたら勇気を振り絞って(?)「普通なるもの」と決別する姿勢はこと大事なのかな、と。


同窓会で、いろんな忘れていたことを思い出しました。昔の記憶が芋づる式にでてくるから不思議ですね。


で、自分の中で驚くべき発見がありました。


「! 自分はぜんぜん普通ではなかったのではなかったか・・・??」と。


現代社会の発表で「アントニオ猪木VSモハメッドアリ戦が格闘技界に与えた影響」という話をした、だとか。「紙袋で修学旅行に参加して、『荷物が重いのは嫌だ』と帰りは何ももっていなかった」だとか。「高校野球の第1回大会からの優勝校をいえた」だとか・・・


・・・などなど。むかしの同級生に異口同音に「変わってたよね」といわれ、「普通だ」と思っていたのが、自分の思いこみ(?)だったことに気がつかされた一夜でした(笑)


そんな話をある友人にしたら、「『変わった人でいたい』ってのは元々、変わった人しかそう思わないんじゃない」と。


うーん、なるほど。数十年の呪縛(?)がとけました。


そんなこんなですが、何とか元気でやっています。先生、同級生各位。また、10年後くらいにでもお会いしましょう!連絡先を交換できなかった人はこちらまでメールくだされば折り返しいたします。


ってか、このブログにアクセスする人がどんだけいるのかしら‥‥まさに、「変わった人」かもしれませんね(笑)

November 30, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 週末は高校の同窓会でした:

Comments

Post a comment