« 副業で起業する、を考える | Main | 「何か新しいことはないか?」を考える »

2009.12.15

悪い、を考える

「悪い」


「あの人が悪い」とか「会社が悪い」とか「社会が悪い」とか、ごくごく普通に会話の中ででてきたりしますね。


では、「悪い、とは一体何か?」と聞くとどう答えますか?


僕はこの問題(?)に関して真剣に考えたことはありませんでした。


理由を考えてみたんですが、「○○が悪い」って口にする前に「○○が悪いと言っている自分はどーなのよ?」って考え方をなるべくするようにしたいからか、と。


人間関係など問題の多くは「自分=善、相手=悪」という前提から生じます。「自分のことに関しては甘くなるのが常」であり「人を変えることは大変」というスタンスに立つ以上、かく考えるといくぶんとストレスがないからです。


けど、そんなスタンスに立ったって「よーく考えたけど、どー考えったって自分は悪くない」ということがままあります。そういう時は、僕の場合は対象から距離を置く(人間関係ならスパッと切ります。曖昧にはしませんね)か、きちっと自分の思ってることを伝えるようにします。


実はこの「悪い、とは一体何か?」という質問はとある席で私に向けられた質問でした。僕の答えは「いい、の反対」だとか「理想と現実のギャップ」とかいって要領を得なかったのですが、その質問者の考えは納得せられました。


曰く、「悪いとは・・・ひとつは満たないこと。もうひとつは、過剰なこと」と。


例えば、自分の夢。


ある程度の夢を持つことは人生をよりよく生きる上で大事です。(少なくとも僕はそう思ってます)夢がない人生は寂しいと思います。けど、夢がありすぎて野心いっぱいな人の人生が豊かかといわれるとちと微妙です。追いたてられて生きることを求められるような野心であれば僕は「悪い」と思います。


例えば、仕事の自信。


自分の仕事に自信を持っている人は素晴らしいと思います。控え目が美徳なのが僕らの国の良点なのでしょうが、僕は「自信がない」という人に仕事を任せたいとは思いません。けど、自信が過剰になりすりぎるのもどうか、と思います。時としてそれは傲慢へとつながります。で、古今東西の歴史から傲慢が破滅への一歩と考えられる以上、必要以上の自信は「悪い」と思います。


そんなことを考えると、僕らの「悪い」ということのほとんどが「満たないこと、過剰なこと」がベースになっているのだな、と。


人に対しての思いやりがないのは悲しいことです。けど、他者への思いやりばかりで自分が主体になってなかったするのはどうかと思われます。


お金がないのは大変ですが、お金がありすぎるのも気苦労が多くなるでしょうし大変だと思います。


マナーを守れ、というのは分かりますけど、ルールにしばられすぎる人生も微妙だと思います。


経営者が現場実務に全く無関心なのは困るでしょうが、あまり関心をもたれもやりづらくなったりします。


「中道」なんて言葉もありますしね。


ソコソコであるようにコントロールするってのは「悪い」とか「悪くない」というループから逃れるために大事なことなのかな、と。

December 15, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悪い、を考える:

Comments

Post a comment