« 悪い、を考える | Main | 2010年のはじまりに »

2009.12.18

「何か新しいことはないか?」を考える

「何か新しいこと(事業)はないか?」ということが食事の席でのテーマになることがあります。


日本全国津々浦々、だいたいどこの業界・会社も景気悪化の影響を受けているでしょうから、職場のリーダー層が集えば当然といえば当然ですね。


けど、当然のこととしてそんなうまい話がそんなにポンポンと出てくるわけはありません。


「○○の業界は流行っている」「○○を扱っている会社が景気いい」なんて話が局地的にはあるにせよ、そこはすでに誰かが活躍しているフィールドであることが多いもの。当然のこととして、すでに参入障壁が存在してたり、事業のオリジナリティを発揮しにくかったりするでしょうし。


勢い、この手の話は「うーん、難しいなぁ」って話になりがちかと。平成21年、年の瀬の日本でよくみられる光景かと思います。


では、「何か新しいこと」はどこから見つけてくるのか?「新しいことを考える」立場の人はどうしたらいいのか?について考えてみます。


まずはじめに僕は、「何か新しいことはないかな?」という考え方をなくすことが大事だと思っています。


「自分は知らないけどどこかに誰も知らずに眠っているビジネスチャンス」


もしかしたらそんなものはいつの時代にも存在するのかもしれません。けど、それはあくまでも宝くじに当たるような僥倖であり、僕らが時間や労力を費やして積極的に追い求めるものではないと思います。


どれだけ人と会ったり、どれだけメディアの情報を収集したりしても僥倖が訪れないといつまでたっても今のまま。それは、言葉を変えていうと「僥倖に頼ったリスクのある経営」ということになります。そんな経営から意識的にも無意識的にも距離を置くことが大事です。


次いで、「自社(自分)のリソース分析」。人間関係、モノ、お金、情報などの観点から「自社(自分)がどういう立ち位置にあるか?」をきちっと認識することが肝要かと思います。


「今、自社(自分)が何を持っていて何を持っていないか?」「今まで、どんな仕事で成果があって、どんな仕事を失敗したか?」「自分の喜怒哀楽は何に向けられやすいのか?」・・・


そんなことを考えていくプロセスで、「自社(自分)の得意分野」と「自社(自分)の不得意分野」を見極めます。で、「これは不得意な分野だな」と思ったことは「利益がでる」と思っても手を出さない覚悟をします。


で、そんなことを考えたり、行動していく中で「会社の(人間の)使命」のようなものに巡り合えるよう時間をかけていきます。


会社や一個人が何かしらの「使命」を与えられて存在している(生きている)と考える以上(少なくとも僕はそう考えています)、「自分の使命」から逸脱した仕事は一時的にうまくいくことはあっても永続はしにくいと思っています。


逆をいえば、「自分の使命」というものをきちんと見極めさえできれば、新しいことの方からどんどんと自分に近づいてくると僕は思ってます。当然ですね、「使命は実現されるために誰かに与えられている」のですから。さまざまなビジネスのチャンスなども、使命を持った人に具体化されるのを待っている、なんて思います。


そんなことを考えると「ビジネスチャンス」なんて言葉も実態があるようでなかったりするものなのかな、なんて思ったり。少なくとも、僕の中では「必死になって追い求めるもの」とは思えません。


むろん、「自分の使命」を考えていく過程の中で「これからのビジネスチャンスは何か?」って視点を持って考えることはあってもいいかもしれませんけどね。あくまでも思考の補助線程度がいいのか、と。

December 18, 2009 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「何か新しいことはないか?」を考える:

Comments

Post a comment