« 変化をする、ということ | Main | 「お客さんのため」と「お客さんの立場で」と »

2010.02.25

時代認識をつくる、ということ

会社の代表者がしなければならない仕事の一つが「時代認識をつくる」ということです。


簡単にいえば「これから先はどうなるか?」と時代を、未来を読むということですね。


もちろん、こんな時代ですから「2年後、3年後にはこうなる!」なんて正確な形で未来をドンピシャと言い当てられる人なんかいません。


けど、「2年後、3年後にはこういう流れにはなっていく」という大きな流れの予測はさまざまな情報ソースに触れることによりある程度の精度で可能になってくる、と思います。(ってか、可能だと思わなければ経営なんぞ常に先がみえなくてやってられません)


「その大きな流れの中で、自分たちはどのようにしていくのか?」


自らが考えた時代認識に基づいた打ち手を打っていくこと、それが経営です。


時代認識が「結果として」正しければ経営はうまくいった、ということです。時代認識が「結果として」間違っていれば経営はうまくいかなかった、ということです。


いずれにしても、「うまくいった、いかなかった」は「時代認識をたてている現時点」ではわかりません。数年後、「結果として」、お客さんから受け入れられただとか、売上があがった、だとかいう形で分かるだけです。


その時代認識は経営者の頭の中だけにあって、周りはよくわからないケースがままあるから「今は利益がでなくてもいいからやっていく」といった一見すると「営利団体である会社なのになんで??」っていうことがでてくるわけです。


さらにいうと、未来に対しての時代認識がある経営者はそのことに自己陶酔していたりします。


最初は「将来はどうなるか?」なんて考えていたのに、さまざまな考えをめぐらしたり、人の意見を聞いていくうちに、それが「予想」→「実感?」→「実感」→「確信」→「陶酔」と変わっていくんですね。


でも、学者でも一流の経営者でも未来予想家(?)でも分からないことに対して「予測」して、「認識」をつくるのですから、ある程度の陶酔がなければやってられません。


僕は「ある業界の、あるマーケットの、ある部分」に対して「将来的(時期は分かりません)にこうなっていく」という認識があります。(ここで書くのはやめておきます)けど、そんなことを思っている人はそんなにいないと思います。


でもそれは、僕の中で「確信」から「陶酔」へと変わりかけようとしています。


不思議なもので、「陶酔」の段階までいくと未来の現実の方からこちらに働きかけてくるような感じがすることがあったりします。


理屈ではわからないですけどね。


でも、そんな話が共感していただけたりすると嬉しかったりするわけです。


逆に、そんなことを話しているとますますよく分からん、だとか思われたりもするわけです。

February 25, 2010 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時代認識をつくる、ということ:

Comments

Post a comment