« 誰かに相談をする、ということ | Main | 時代認識をつくる、ということ »

2010.02.22

変化をする、ということ

変化に対応できない企業は生き残れない


なんてビジネス誌などでよくいわれます。


で、恐竜が環境の変化に対応できずに絶滅していった話だとか、老舗企業が事業革新を続けてきた話だとか、某企業は「売り上げのうち40%はここ5年の新規事業」などといった話が続いたりします。

多くの人にとって変化は怖いし、面倒だし、できれば先延ばししたいし、できれば向き合いたくないものでしょう。


そりゃそうですよね。変化するということは「いままでやってきたことの否定」になるわけですから生理的に(?)向き合いたくないものですし、「変化の先にあるものが不透明」だから、生命の自己防衛本能が働いて「怖い」と感じるわけです。


けど、事業は「暗闇のバンジージャンプ」(たしか、幻冬舎の見城社長さんのお言葉)という側面を持っているわけです。


「面倒」だとか「怖い」だとか内発的な衝動のようなものを抑えても、とりあえず行動を起こしていって、そこから見えてくる世界を垣間見る姿勢を持たないといけないステージや局面、タイミングがあったりするわけです。


でも、そんなことを考えていても日々の忙しさや怖さにかまけてしまって「変化のタイミングを逃してしまう」のが一般的かと。だから、「変化できる企業」は称賛されるのでしょうね。


では、どこから変化をするか?


人によっては「新規事業の計画をたてて行動する」だとか、「新しい商品の開発にお金と時間を投入する」なんて人もいるかもしれません。


けど、そうした「大きな変化」は普通の人が自発的に作り出していくのは難しいんじゃないかな、と。というよりも、「大きな変化」は「小さな変化」の集積であるケースがほとんどでしょうから、もともと「いきなり大きな変化」ってのはありえないケースがほとんどかと。


さらにいうと、「変化しなくちゃ」との心配や怖れから生まれる新規事業計画は、どこか地に足ついていない感がぬぐえないのはよくあるケースか、と。起死回生の一発、って荒唐無稽な事業計画があがったりするケースは古今東西いくらでもあるでしょうし。


それよりも、「今、やっている行動をわずかでも変える」だとか「居心地のよいものを意図的に外していく」みたいなことの方が有効なんじゃないかしら。


たとえば、意識的に新しい人に会っていく。


「人脈つくるぞ」っ肩肘貼るんじゃなくて、自分がいままで接していなかった人と会う機会をつくってみる。で、話をしてるうちに「知識のなさ」に気がついたり、「考えの固さ」に直面したりする。


たとえば、読む本を変えてみる。


「普段だったら絶対に読まない」という本を新聞の書評だけで買ってみたり、「友達に薦められた」という理由だけで好きや嫌い、楽しいとかつまらないといったジャッジを抜きに映画を見てみる。で、見えなかった世界が垣間見れたりする。


たとえば、仕事のやり方を変えてみる。


ノートの取り方を、筆記用具を変えてみる。アポイントの取り方、仕事のお願いの仕方、ファックスを送り方、メールチェックのタイミングなどをすべて変えてみる。


そんなことを通じて「変化している自分」を潜在意識にインプットすることが大事かと。


変化はスイッチが入るまでが大変ですが、一度スイッチが入ってしまえば「新しい世界が垣間見れるもの」ですし、「自分が伸ばせる余地」がある世界が広がっている場合がほとんどですから本来は、怖くも、面倒でもありながらも楽しいものなのかな、と。


かくいう僕は、周りから「メタボ化した」といわれ続け、「やせたら貧相になる」とかいって否定に否定を重ねていましたがようやくこの方面の(?)スイッチがはいりました(笑)


玄米&和食中心の食事に変え、パーソナルトレーニングの予約をとってトレーニングをはじめました。数か月たっても見た目が変化してないようなら、「変化できなかったんだ」と笑ってやってください(笑)

February 22, 2010 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 変化をする、ということ:

Comments

コメントありがとうございます!「いいたいけどモヤモヤしてること」が言語化できるっていいですよね。

問題が明確になったり、客観視できたりしますしね。さらには、潜在意識が顕在意識に変わっていくと、自分の潜在意識にアクセスしやすくなるような気もするんです。

僕にもそんなインスパイアをしていただける人や著者や経営者がいっぱいいます。

その辺はお互いさま、ですね!

口うるさいパーソナルトレーナーに負けずにがんばります!

Posted by: 大塚和彦 | Feb 25, 2010, 10:47:10 AM

ひとつ前のブログに出てくる、たまに(よく?)相談している者のひとりです(笑)いつもお世話になってます。

 大塚さんは、いつも「言いたいけどうまく表現できない気持ち」や、「考えに考えて、頭がウニってる状態」を噛み砕いて解説してくれる翻訳機みたいですね!!
 
 今日のブログ読んで、まさにそう思いました。

あ、トレーニングがんばってください。大塚さんには口うるさいパーソナルトレーナーが何人も付いてますね(笑)

Posted by: | Feb 22, 2010, 10:28:39 PM

Post a comment