« 連休の最終日 | Main | ブログぼちぼちと復活、です »

2010.05.07

フォロワーシップについて考える


組織の目標を達成するためにリーダーが回りを巻きこんでいく力。


これを、「リーダーシップ」と定義します。(経営学的な定義はよくわかりません。あくまでの我流です)


カリスマ型、サーバント型、コーチ型、一匹狼型などスタイルはいろいろとあるでしょうけど、目標達成がまずありき。そのためにお金やモノ、情報や時間を使って人を巻き込んでいく力です。



一方で「フォロワーシップ」とは、リーダーがリーダーシップを発揮しやすくするためにメンバーが守る最低限のルールや規範、と僕は考えています。


「リーダーのいうことに何でもかんでも反対する」


なんてメンバーがいたら、リーダーシップなど発揮はできません。そんなメンバーでさえも甘受してやっていくのがリーダーの使命だとは僕は思いません。


経営理念の重要さを書いた名著『ビジョナリー・カンパニー2』では、「誰をバスに乗せるのか?」という表現で経営理念を実現するための大前提としてメンバー選択の重要性を書いています。


これは、表現を変えると「フォロワーシップを適切に発揮できる人と仕事をする」ということか、と。


リーダーの性格(リーダーシップスタイル)や仕事のやり方が大きく反映されるので「フォロワーシップ」といっても二つとて同じものはありません。


ちなみに僕は以下のことを思います。

○何事も一生懸命にやることです。


○リーダーにとって耳の痛いことをいうことです。


○組織を辞めるをリーダーとの交渉条件にしないことです


○下の人をつぶさないことです


○リーダーが何かをやってくれる、と思いこまないことです


○すべてが思い通りになる、と思いこまないことです


○組織の悪口を口にするのなら、タイミングと相手を考えることです


「うちのリーダーはリーダーシップがない」というのはいいでしょうけど、リーダーシップ成立の要件として「フォロワーシップ」が存在することも肝に銘じたいな、と。

May 7, 2010 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フォロワーシップについて考える:

Comments

ブギギさん> コメントありがとうございます!すっかりとブログ休みに入ってしまっててコメントが遅れ(?)ました!

いつぞや話に聞いていたサイト、オープンしたんですね。

有言実行、すばらしいと思います!

Posted by: 大塚和彦 | Aug 16, 2010, 10:57:45 AM

どもー!
私のブログにリンク貼らせていただきました。

私もいつか、何か起こせたタイミングのために

和彦さんのブログ参考にさせて頂いておりまふぅ~♪

Posted by: ブギギ | Jun 9, 2010, 9:07:30 AM

夏オンナさん>コメントありがとうございます!

批判や責任追及は、自分が抱えている心の葛藤を癒すためにとてもいい手段だと思うんです。

けど、そればかりだと組織は組織として体をなさないわけで・・・

政権与党のリーダーがどう考えているか分かりませんが、フォロワーの責任について語る人がいてもいいのにな、とは思います。

僕が知らないだけで語っている人がいるのかもしれないですけどね。

この間はお疲れ様!いいお店教えてもらってありがと!(と、業務?連絡)

Posted by: 大塚和彦 | May 10, 2010, 10:10:19 AM

今の政権与党のこと?かな・・・

ま、どの組織にも言えることなんでしょうが、リーダーの批判や責任追及ばかりで見落としがちですよね・・・

「フォロワーシップ」

私も社会人の端くれとして、肝に命じます。

Posted by: 夏オンナ | May 7, 2010, 9:39:40 PM

Post a comment