« さあ、素晴らしい一年がはじまります | Main | ストーリーとしての競争戦略 »

2011.01.12

何度言ってもわかってもらえない

「何度言っても分かってもらえない」


リーダー的な立場で、相応の使命感をもった人であれば必ずぶち当たる壁ですね。


もちろん、自分もその一人です。

「同じことを何回も言わせるな」だとか、「なんでそういうことになるのか意味が不明」だとか、「社会人なんだからそれくらいわかるだろ」と思うことはしょっちゅうです。


時には、「今の仕事が向いてないから別の将来を考えた方がいいわ」と口にすることもありますし、実際に転職していった人もいます。


さてさて、どこにでもあるこういう問題(?)にどう対応するか?


僕はまず、リーダー層が「歯を食いしばってやりとりする」覚悟を持つことだと思います。


それは、ともすると時間や労力、精神力がものすごくかかることです。言い方を変えたり、話すタイミングや時間を変えたり、担当する仕事を変えたりするのは骨の折れることです。


更には、「何回も言わないでできるタイプ」の人から「あの人は何回いってもダメなのに・・」と攻撃(?)を受けることもあります。


けど、それを「歯をくいしばって」やるんです。


逆にいうと、リーダー層の仕事が「歯をくいしばらなくてもできること」ばかりでしたら、誰でもがリーダー層になれるでしょうしね。


一方、「何回も同じこといわれて」といわれる人も「歯を食いしばって」自分なりにいわれたことをキャッチアップしていく覚悟が必要です。


「何回も同じこといわれて」という人にはさまざまなパターンがあると思いますが、「歯を食いしばって」というところと対極にいる人が確率的に多いような気がしますのでね。


「それで何が残るの?」とか「いつになったら言うとおりになるの?」と思ってもやるのがリーダー層の仕事なのかな、と。


あくまで、「何度いっても分からない」という人の「仕事で貢献したい」だとかの心が折れていないうちは、の話ですけどね。

January 12, 2011 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何度言ってもわかってもらえない:

Comments

Post a comment