« July 2011 | Main | September 2011 »

2011.08.19

『Number』甲子園 最強高校伝説

毎年、いま時期になると過去の高校野球が特集で取り上げられます。今回の『Number』の特集「甲子園三国志」は秀逸でした。

20110819

1982〜1983年の「早稲田実業」、「池田高校」、「PL学園」は各校ともキラ星のようなスターを擁し、当時中学生だった僕ら野球好きに強烈な印象を与えました。

http://www.youtube.com/watch?v=vpYSWGjddKY


----------------------
高校一年生の夏から甲子園に連続5回出場。優勝の機会には恵まれなかったが、実力にスター性を兼ね備えた荒木大輔が迎えた最後の夏。


その荒木大輔を擁する優勝候補の早稲田実業を、水野雄仁を擁する徳島の池田高校が「やまびこ打線」、「攻めダルマ」と呼ばれる猛打で14-2の大差で打ち砕いた1982年夏の甲子園の戦い。


池田高校は早稲田実業を破ったその勢いで夏の甲子園を初優勝、さらには翌年春の選抜甲子園の優勝を果たし人気は絶頂に達する。


そして池田高校は史上初の甲子園三連覇をかけて、桑田真澄•清原和博を擁するPL学園と戦う。
--------------------------

この頃の池田高校は勝って当たり前。僕らの関心は「池田が勝つか?」よりも「池田がどれだけ打つか?」にあった。


水野や江上といった主砲はもちろんながら、山口(たしかショート。優勝パレードで優勝旗を持っていたのでたぶん主将)というすごい選手が9番を打っていたのだから選手層の厚さは計り知れない。(ちなみに、山口選手にファンレターを出した記憶があるのだが)


この大会で優勝候補の一つで、「事実上の決勝戦」といわれた中京を3-1で下して臨んだPL戦。僕は池田の勝利を疑わなかった。PLの主軸である桑田、清原はまだ一年生だとも聞いていたので。。


結果は予想に反して7-0でPLの勝利。憎らしいほど打つ打線が鳴りを潜め、PLに3本の本塁打を浴びての完敗だった。


ホームランでベースをかける桑田に呆然とした池田ナインがとても印象的だった。一年前はあんなに強かったのに•••。


あらから30年、「高校野球はテレビをつけたときにやっていれば見る」という感じながら毎年なんとなく見ている。


特に、池田、早稲田実業、PLはもちろん、箕島、熊本工業、鹿児島実業、星稜、高知商業、報徳学園なんて古豪の名前を聞くとテンションがあがるし、過去の名勝負をオーバラップさせてしまう自分がいたりするのです。

August 19, 2011 | | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.08.18

「全体最適」と「部分最適」と

お盆の間に行ったゴルフ場で感動したのが、「ヤクルト飲み放題」。


氷水で浸されたヤクルトがお風呂場にあって、何本飲んでも無料なのです。

20110813_0

裸姿の大人が群がってました。



そいや、このゴルフ場に連れて行っていただいた方も、「コースもすばらしいし、ヤクルトやコーラが飲み放題なんだよ」口にしてました。


かくいう自分も、ゴルフ場から帰ってきて「ヤクルトが飲み放題で感動した!」と何人かに口にしました。


コーラもウーロン茶もジュースも飲み放題でしたが、それだけでは誰かに伝えたいと思ったかどうか•••。


ゴルフ場の肝心要のコースもさることながら、このサービスはきっと口コミを生んでいるのかもな、と思いました。


「口コミ」を使ったマーケティングはもはや普通になりました。


けど、多くは「口コミを狙ってますよ」と幾ばくかの操作性を僕ら消費者が皮膚感覚で感じてしまうものばかりではないかしら•••。


「ヤクルト飲み放題」のサービスの意図がどこにあるのかは分かりませんが、少なくとも僕にはゴルフ場のホスピタリティの姿勢の現れだと感じました。


「ゴルフ場」や「クラブハウス」や「売店」や「レストラン」。


ゴルフ施設がさまざまなシーンで提供していたすばらしいサービスの一パーツ•••「ヤクルト飲み放題」はそんな位置づけにしかすぎないと思いました。


これを同業他社が「ヤクルトを飲み放題にしたら口コミができるのか!」と飛びついてしまう•••そんなところに経営の落とし穴があったりします。


一パーツをいじったところで多くの場合どうしようもないんですけどね。


経営は「部分最適」ではなく、「全体最適」の視点をどう持つかが大事だと思ってますが、時に流されるので要注意です。


「ヤクルト飲み放題」といった「部分最適」の一つのパーツから、「全体最適」をイメージしたり、類推したりする力が僕らには求められているのでしょう。

August 18, 2011 | | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.08.16

ゴルフ合宿

盆休み中はジムでお世話になっているご夫妻と、栃木までゴルフ合宿に行ってきました。

20110814

ショートコースを1.5ラウンド(18ホール)、通常コースを1.5ラウンド×2日ですから3日で72ホール回ったことになります。猛暑の中ですから、まさに合宿でした。僕の場合は、人より多く玉をたたきますし•••。


アプローチやパターの打ち方でちょっとだけ進歩があった、かな。


今やっている練習が数ヶ月後に成果になる、というアドバイスには、なるほど•••と。当たり前といえば当たり前のことなんですけどね。


秋にはもうちょっとメンバーを集めて開催したいな、と。場所の手配から車の運転までお世話になりっぱなしでした。ありがとうございました。

20110813_3

2泊目に宿泊した部屋がめっちゃメルヘンでした。ちなみに、「ヤクルトが飲み放題」と嬉しいサービスがありました。


August 16, 2011 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.08

東京湾クルーズ


20110806


ジムの仲間に誘われていってきました。


デッキで行われた「浴衣ダンス」(?)はめちゃ盛り上がってました。昭和の色がほんのりと感じられる選曲はすばらしかったです。


数ヶ月も前から予約してもらった幹事さんには感謝感謝です。


August 8, 2011 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.02

社長は孤独な存在なのだろうか?

『日経トップリーダー』最新号の特集が「社長の孤独〜いかに重責と付き合うか」でしたので、ちとこれについて考えてみます。


「社長は孤独だ」とはよく耳にする言葉です。


経営判断を一人で行わなければならなかったり、自分の思いをメンバーに分かってもらえなかったり、自分自身をオープンにできなかったり•••

確かに「孤独」だなあ、と思わなくもありません。


けど、「多くの場合それに見合うだけのものをいただいているからその孤独さは当然だ」とも思いますし、「社長は孤独」という類いの現実逃避をしてしまうのも嫌です。


さらには、「働いている人ってみなそれぞれの立場で孤独を感じているんじゃない?」とも思います。


僕は、社会人になって金沢で働いた数ヶ月がめちゃめちゃ孤独感を感じました。


僕を入れて4名(みなさん7歳上でした)の事務所。


土地勘もなく、友達もおらず、携帯電話もなく(しばらくは固定電話もなく)、メールもなく。営業の仕事をしていたのですが、全部新規開拓だったのでお客さんもなく。職種柄、外注先との付き合いもなく。


福井に出張した帰り、北陸本線にのって日本海に沈む太陽をながめていると「なんだか一人だなあ〜」としょっちゅう思ってました。


そういえば、一言もしゃべらない週末がよくありました。


「そんなのと『社長の孤独』ってのは質が違うよ」といわれるかもしれませんが、僕は「社長の孤独」って記事を読んでこのときのことばかり思い出されるのです。


「孤独」の反動で意識的に本を読んだのもこの時期でした。


って考えると「孤独」って何かをなしとげるエネルギーにもなるのかな、とも思ったりします。


大事なのは、「孤独」を無理矢理に解消しようとしないことかと。


「社長は孤独かどうか」よりも「人間はそれぞれの立場で相応に孤独なものだから、それと向き合うことで何らかのエネルギーに転換していくしかないじゃん」というのが僕の考え方です。

August 2, 2011 | | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.08.01

週末のできごと

昔の会社の同僚2人と新宿で飲みました。

20110730

大学を卒業して新卒で入った会社の同僚ですから、付き合いは18年にもなります。


僕はつねづね「昔の話よりも今や未来の話をしていたい」などと思うのですが、たまに若い時代に同じ時間を共有していた仲間と一緒だとそんな思いは霧散しますね。


夜中の2時半まで延々と飲んだのですが、翌日はなんとも心地よかったです。「朝まで」の声にこたえられずごめんな。翌朝、10時半〜ジムだったんでね。

August 1, 2011 | | Comments (1) | TrackBack (0)