« 「自分に起こる出来事には意味がある」について | Main | 「誰かを理想化する」ということ »

2011.11.25

燃えろ!新日本プロレス 猪木血闘録

2011112

1985年7月、生まれて初めてアルバイトをしました。


埼玉の国道沿いにあるジャスコ系列のファミリーレストラン。皿洗いで時給は480円でした。


履歴書の目的には「VHD(今はないのかな?DVDの昔バージョンみたいなもの)が欲しい」と確か書きました。



けど、これは表向きの理由で、本当の理由は「『アントニオ猪木VSストロング小林』(ほか、数試合)のビデオテープが欲しい」でした。


20分のVHSテープで金額は7,000円。当時の自分にはかんたんには手が届かない代物、アルバイト代をためてこの試合を見た時は鳥肌でいてもたってもいられなくなったのを思い出します。


時は変わって2011年。


「燃えろ!新日本プロレス 猪木血闘録!」なるDVDが集英社より発売されています。


今回Vol.4は「猪木VS小林」「猪木VS大木」「猪木&坂口VSシン&上田」といった昭和の新日本プロレスファンにはたまらない組み合わせです。


まだ中身は見ていないですが、全試合ノーカット(昔のビデオテープはだいぶ削除されていた)で1,680円と大変にお買い得な値段設定です。


この試合を映像で見るのは20年ぶりくらいでしょうか。


楽しみな反面、ちと怖いような気もします。思い出が瓦解しないといいんですけどね。


それにしても、昭和の時代のアントニオ猪木さんは今でも僕らの心に生き続けているんですから偉大でしたね。

November 25, 2011 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 燃えろ!新日本プロレス 猪木血闘録:

Comments

Post a comment