« 「意見」と「個人」とを分けて考える | Main | 初対面は苦手です »

2011.12.08

「絶対に」だとか「〜に違いありません」を考える

報告を受けている時、「絶対に」だとか「〜に違いありません」という言葉が出てくるときがあります。


この手の言葉は聞こえがいいですね。仕事に対しての絶対的な自信が感じられるようにも聞こえますし、責任感があるようにも聞こえる。


•••と思っていたのは数年前まで。


今は、これらの言葉が出てきたら、「絶対に?」だとか「〜に違いありません?」となるべく突っ込みをいれるようにします。


この質問をすると、「根拠が全くなかったり」「過去の出来事から類推していただけだったり」「誰かが言っていたことを鵜呑みにしていただけだったり」ということがままあります。


こちらが質問をする意図は、「絶対に」や「〜に違いありません」の根拠を聞きたい、ということ。きちんとした根拠がある「絶対に」であればまだいいんですけど、根拠なき意見はビジネスの現場ではさまざまなトラブルの元ですしね。


そもそも、人間の営みに「絶対」というものは存在しないわけです。


「この問題の原因は『絶対に』○○だ」ととらえていても、違う情報が入ったり、見方を変えたり、時間が経過したりしたら「絶対に」といえなくなってしまうこともごくごく普通にあるわけです。


問題に対して「これが原因だ」と仮説をたてるのはいいでしょう。けど、「仮説」と「絶対に」との間には大きな溝があることを知っておくことは重要です。


なぜか? 


「絶対に」って思っていたことと「現実」との間にギャップがあった時に、「現実」をねじ曲げてしまう力が働くからです。「絶対に」を正統化する「現実」を無意識に集める力が働くからです。


僕は「見立て」という言葉を使うようにしています。これは、僕が尊敬する先生がよく会話の中で使っていた言葉ですね。それを、拝借しました。


「仮説」と「絶対に」との間、という感じでしょうかね。「自分の『見立て』ではこの問題の原因は○○だ」って使い方をします。


言葉の持つイメージはみなそれぞれでしょう。


僕は「見立て」って言葉に「間違っていたら変えられる自由さ」だとか「自分以外の意見も受け入れるような柔軟さ」だとか「まだ自分が知らない情報がどこかにあるのでは、という謙虚さ」があるような気がしています。


たった一つの言葉ですけど、この言葉を多用するようになってから周囲からの報告の内容が変化してきたのですから驚きですね。


最近は「絶対に」が少なくなってきましたし、発言をしながら「あっ、これって単なる思い込みで根拠がないですね」と自分自信で気がつく人がでてきましたし。


それって人間の進歩としては大きいことだと僕は思います。自分をちょっとだけ客観視できることになった訳ですからね。

December 8, 2011 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「絶対に」だとか「〜に違いありません」を考える:

Comments

Post a comment