« 「獲得の物語」と「喪失の物語」と | Main | 肥大化した自己愛を考える »

2012.01.24

「やる気がない」のか、「能力がない」のか

「やる気がない」からやらないのか。それとも、「能力がない」からできないのか。


組織においてリーダー層が直面するよくある自問自答です。

仮に、「能力がない」のであれば知識を身につければいい、やり方を学べばいい、周囲に教えを乞えばいい。


けど、「何回か口にしても変わらん」となると、「学ぶ意識の欠如」(=「やる気がない」)と周囲から見なされてしまうわけです。


「やる気」って言葉を自分なりに定義すると「主体的に、当事者意識をもって、ことにあたる姿勢」のこと。


逆にいうと、行動に「主体性」と「当事者意識」という要素がなければ周囲に「やる気」は感じられません。


「本人に口をすっぱくして何回も言ってるけど、本人も『できない』ということにジレンマを感じている、一生懸命に格闘している」


周囲がそう感じられる場合、「やる気がない」とは見なされません。


当然ですね、そこには「主体性」と「当事者意識」とが存在するわけですし。


「主体性」と「当事者意識」なき人との仕事は自分には非常にストレス。経験値は低くても「主体性」と「当事者意識」のある人と仕事をしたいなと思います。


社会人に出たての頃、「『やる気』は周囲へのマナーだ」と教えられました。


「やる気を出すのが格好悪い、なんて思ってるやつが一番格好悪いんだ」といっていたその上司の言葉は、今の自分の言葉でもありますね。

January 24, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「やる気がない」のか、「能力がない」のか:

Comments

Post a comment