« じっくりと長い間やってきた人は違いますね | Main | 「獲得の物語」と「喪失の物語」と »

2012.01.22

映画「ステキな金縛り」を観ました

2012_2

どういう頭の構造をしたらこんな映画をつくれるんだろ、って映画でした。


「女性弁護士の成長物語」であり、「法廷の攻防物語」であり、「一検察官の心の開放物語」であり、「幽霊の物語」であり、「家族の物語」であり、「先祖の物語」でもある。


「ああ、この後こいう流れになるんだろうな•••」って思いを抱くこと自体がナンセンスになってくるような圧倒的なストーリー構成、一流の役者のさりげなくも人間の機微を表現した演技の数々、


•••館内は笑いと号泣とで完全に三谷幸喜監督の世界観に翻弄され続けました。


佐藤浩市、篠原涼子、深田恭子といったピンでも主役級の俳優さんが演じる役柄も絶妙でした。


細かな背景は分かりませんが「三谷監督が面白いことするから協力しよう」なんて感じで多くの才能が集まるのでしょうかね。でないと、あんなキャスティングは絶対に無理でしょうし。


残念だったのは、そのあとすぐスポーツクラブにいって映画で感じた「笑い」や「涙」がかなり霧散してしまったこと。感動のあとは、余韻を楽しんだほうがかしこいですね。


スポーツクラブも使いよう、ってことかと(笑)


January 22, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「ステキな金縛り」を観ました:

Comments

Post a comment