« FUNKY HONEY 公演 | Main | 三角関係について考える »

2012.02.14

レイヤーをあげていく

2012

「景色が違ってみえる」


見えなかったものが見えるようになったり、ずっと抑圧していたものが開放されたり、自分に起きたできごとに自分なりの意味付けがなされたり•••


自分のレイヤーがあがると、いままでとは全く違っていた世界が広がっていることがあります。


レイヤーは「あがるもの」ってよりは、自らの意志によって「あげていくもの」。


毎日毎日たんたんと何かをやっていくことと、全てのできごとを利用するという姿勢から生まれるのだということ。勝負の局面で覚悟を決めること。


で、それを信じきること。青い鳥には飛びつかないこと。それを、せせら笑うこと。


「自分のレイヤーがあがった」という体験を持つ人は強いですね。それは、セルフエスティーム(自尊心)の根底をなすものなのかもしれません。


けど、「自分自身のレイヤーがあがっていっているかどうか?」は自意識過剰の人を除いてはなかなか実感できないのが現状ではないでしょうかね。


だから無力感が生じてくる。このまま、これを続けていても••って思いが頭をよぎる。


そんな時、仲間の「レイヤーがあがった感」を近くで見ることは大変に心強いものです。他人を通して自分を確認する存在、それが人間なのかもしれないですね。「自分は1人で頑張ってる」はファンタジーなのでしょう。


昨日は研修会。今回もいろいろと学ばさせていただきました。

February 14, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レイヤーをあげていく:

Comments

Post a comment