« 近藤勇が考えていたこと | Main | 「異性にモテる」の根底にあるもの »

2012.02.24

社長には現場のリアルな情報は入らないのだろうか?

「社長には現場のリアルな情報は入らない」


この手の話はよく見聞きします。実際、うちの会社でもこの手の発言を聞いた事が何回もあります。


自分も「現場のリアルな情報は入りにくいものだ」って思っているので、この手の発言には「確かに、そうだよな」って思っていました。


けど、いつからか「『社長には現場のリアルな情報は入らない』って世界観に固着している人」の存在に気がつきました。


そういう人とやりとりすると、「社長はリアルな情報を分かっていない」って大前提がある訳ですから、まともな話にならないんですね。


で、納得できないこと、理不尽なことがあるとこの手の考えに固着する。そこから世界観を組み立てるからややこしい。


けど、よーく考えてみると「社長にはリアルな情報は入らない」って世界観を持っていた方が、仕事がしやすかったりする人もいるんじゃないでしょうかね。


「単に自分のエゴを『リアルな情報を分かっていない』て文脈で訴えてるだけじゃん」ってケースもあるでしょうしね。


「あなたには正確な情報が入らないんですよ」ってのはマインドコントロールと一緒です。


「社長は正確な情報は入りにくい」という前提をきちんともった上で、「現場のリアルな情報」をたんたんと集めていればこの手の発言に惑わされることなどないのでしょう。


お人好しな人ほどこの手のことにはまりやすいので注意ですね。

February 24, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社長には現場のリアルな情報は入らないのだろうか?:

Comments

Post a comment