« 結婚式二次会の打ち合わせ | Main | 「考えること」と「感じること」 »

2012.03.15

職場のコミュニケーションを阻害するもの

「仕事と聞いて何をイメージするか?」


これを一人一人に聞いてみるといろんな答えが返ってきます。


「自己実現のための手段」「生きるために仕方なくやること」「人の役にたつこと」「ミスや失敗をしないこと」「お金儲け」•••


「期日までにしあげること」「他人の力をつかって大きなことをなしとげること」「自分のこだわりを発揮するもの」•••


かつて、「人生はひまつぶし」なんて口にする後輩もいたことを考えると(本心からそう思ってたかどうかは何ともいえませんがね)この手の答えはあまた存在するのでしょう。


「仕事ができない人と聞いて何をイメージするか?」


これまた、「何回いっても同じ間違いをする」「報告•連絡•相談がない」「締め切りの観念がない」「専門分野の知識がない」「自分だけが仕事をしていると思っている」•••


「経験だけ重ねていて反省しない」「人に仕事を任せられない」「仕事中に無駄話ばかりしている」「人の揚げ足ばかりとっている」•••


と、無数にあるでしょう。


こうしたメンバー同士の「言葉のイメージの相違」が、コミュニケーション阻害の要因になります。


大事なのは、日常で交わされるメンバーの「言葉の背景」をちょっと理解しようとすること。


語られる言葉だけではなく、「言葉の文脈」を理解しようとすること。「メンバーの世界観」を理解しようとすること。


「世の中は拮抗している」(自分の尊敬するコンサルタントの言葉です)ので、人は周囲を理解しようと思った分だけ、周囲から理解されるようになるのかもしれません。


「人から理解されたい」という人間の本質的な欲求を充たすには、「自分が人を理解しようとつとめること」からどうやらスタートするようですね。

March 15, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 職場のコミュニケーションを阻害するもの:

Comments

Post a comment