« 「前提」は何か? | Main | 経営者という病 »

2012.03.05

嘘を事実と思い、事実を嘘と思う

2012

「大塚のことが大嫌い」とある人が言っていた


と第三者の発言をきいたことがきっかけになったのでしょうかね、なんとなく距離感ができてしまった人がいます。


別に何をした訳でも、された訳でもないんですが「まあ、そういわれてもしゃーないだろうな」って思いもゼロではなかったんで、なんとなく「事実だろう」と受け取ってしまったんですね。


で、距離感ができてしまった。


こういう時、「大嫌いって人づてに聞いたけど、まじ?」と本人に直接話ができれば「事実かどうか」ってことには近づけるんでしょうけど、なかなかそれって難しい。


きっと「それって陰口みたいじゃん」って意識が働くからなのでしょう。話をした人に対してどこか裏切るような意識がもたげてくるからなのでしょう。


だから、この手の人間関係をめぐる三角関係でのトラブルでは「事実」がよくわからないまま進んでいったりする。


できれば、この手のできごとは少なければ少ないほどストレスは軽減されるんでしょう。


けど、生きていく以上はこの手の関係性に巻き込まれる事も覚悟しないといけない。


「人間関係で傷つくのがイヤだから、人間関係を深くしない」という選択をするのなら別でしょうけどね。


映画「ライヤーゲーム」は、「事実」と「嘘」とについて大変に参考になる示唆を与えてくれる映画した。


「嘘」には「人を貶める嘘」や「自分を大きく見せる嘘」といった典型的な形だけではなく、「愛情を満たす」だとか「人を混乱させて意識を自分に向けさせる」いったさまざまな型があります。


「まさか、こんなことで嘘はつかんだろう」ってことから人の意見を信用してしまうことってありますけど、「こんなことで」って意識を逆に活用する人もいるようです。


あまり防御的になるのも考えものですが、「人間関係の三角関係」で「えっ、あの人がそんなこと言ってた?」ってことがあった時には、この辺の意識のスイッチを働かせる事が必要なのでしょう。


冒頭に出てきた自分と距離ができてしまった人だって、今思えば「大塚のこと大嫌い」なんてはおそらくは口にしていないでしょうしね。

March 5, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嘘を事実と思い、事実を嘘と思う:

Comments

Post a comment