« 日本って先が見えないじゃないですか | Main | 週末のできごと »

2012.04.06

孤独を感じる、を考える

2012


孤独感を感じるときどうするか?


これって、性格や生育歴によって分かれますよね。


徹底的に孤独になりきる人、仲間と触れ合おうとする人、酒やギャンブルなどで紛らわす人、誰かれかまわず相談する人・・


この映画にはそんな「孤独感を感じる人」が沢山でてきます。


一見すると、「孤独感を感じる人」に対しての監督の視点はシビアです。その対比として、成熟したカップルが色鮮やかに描かれます。


酒やタバコなどの嗜好品に頼りすぎること、相談相手がいないこと、過去にあったよかったできごとに目を向けないこと、日々の生活を丁寧にしないこと・・


こんなことが人間の孤独を強める要因として示唆されますが、「孤独を感じる人」はその感情が強すぎるためか、周囲からのアドバイス、周囲からの示唆を受け入れようとはしません。


「そんな周囲からの意見を受け入れない姿勢こそが、孤独をつくる原因だ」と監督が語っているように観ました。


ラストシーンは、たんたんとしたシーンですが、重いものを突きつけられる人がいるかもしれませんね。


この映画のタイトルは英語で「Another season」。


どこかに、「今年はうまくいかなかったど、来年は・・」って監督の思いが含まれているんだと考えると、ちょっとだけ救われます。


今、たとえ孤独を感じていても、それが未来永劫に続くなんてありえないでしょうしね。

April 6, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 孤独を感じる、を考える:

Comments

Post a comment