« 人間の行動に目的や意味は必ず必要なのか? | Main | 孤独を感じる、を考える »

2012.04.05

日本って先が見えないじゃないですか

ある席で、日本経済や企業経営の話になりました。


初めてお会いした年配の方が座をリードしていたのですが、どんな流れか忘れましたが「日本って先が見えないじゃないですか」って話から日本悲観論的な話になりました。


まず、「『日本って先がみえないじゃないですか』って勝手に同意を求めるなよ」と思いました。


その次に、「この人は、『これから先がみえないなあ』って自分の感情を日本って対象に投影してるだけなんじゃないの」って思いました。


で、よせばいいのにそれを口にしてしまいました。だからある特定の人には嫌われるんだよな、と自分の過去や性格を思いつつ。。。


確かに、「先がみえないじゃないですか」という会話のリードから、日本悲観論を聞くと確かに「さもありなん」というふうに聞こえることもあります。


けど、同じことを聞いても「そうかしら?」というふうに聞こえる人もあまた存在しています。「先がみえないからチャンス」と心底から思っている人もいっぱいいます。


「景気が悪い」とわれる時代の一つの特徴は、この手の悲観論的な話が伝染しやすいところにあるのでしょう。(逆に「景気がいい」時代は楽観論が伝染しやすいですよね)


自分は、「先がみえないってのは当たり前じゃない」ってスタンスです。古今東西、先を見通しつくした文明なんて存在しないわけですからね。


だから、「先がみえないから」と悲観論になるつもりもないし、「チャンスだ」と必要以上にテンションをあげるつもりもないです。


ただ、20年近く仕事をしている一人の大人として、安易な日本悲観論に与して不安の連鎖の一端を担うのは嫌だな、と思っています。


難しい顔して不安の連鎖の一端を担うのは、めちゃめちゃラクチンな事ですからね。


嫌われてもいいからこの手の連鎖に巻き込まれそうになったらNOを貫こうかと。連鎖ゲームばかりしていたら、よくなるものもよくならなくなるでしょうし。

April 5, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本って先が見えないじゃないですか:

Comments

Post a comment