« あらゆる答えは自分の中にある、を考える | Main | 意識的にならないと体験は広がらない »

2012.05.07

宴のあと

カレンダー通りに休みましたので、よく飲みましたし、よく動きました。


映画も観たし、本もそれなりに読みました。結婚式の二次会幹事もしたし、埼玉の実家にも足を運べました。


連休の最終日、夕方からワインを買って自宅で独り酒していました。

いろんな予定が続いて、常に誰かが近くにいって、おもしろおかしな時間を過ごす日々が続くと、1人の時間ってのがちょっとだけ物悲しくなったりします。


宴のあと、って感覚でしょうかね。過ごした時間が濃密であればあるほど、その反動は大きい。


便利なことに、この手の寂寥感を埋める手段やツールが、今の社会にはいっぱい揃っています。


けど、その手のものからたまには一定の距離を置いて、自分の寂寥感ときちんと付き合うってところに、「人間の存在感」の土台となるものがあるような気もするのです。


そんなこんなで連休はおしまいです。それぞれの場面でご一緒したみなさん、お疲れさまでした!

May 7, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宴のあと:

Comments

Post a comment