« 「ネタ帳」の意味を無理くり解説すると | Main | 社会人3年目の自分の相談事に何を語るか? »

2012.05.24

「俺ってスゴいでしょ」を考えてみる

「俺ってスゴいでしょ!」


これが過剰な人に出会うとします。


まあ、「スゴくはないです」なんて口にはできないことがほとんどでしょうから、最初は「スゴい」を真に受けるとします。


けど、この手のことは、どんどんとエスカレートしていくものです。


人間には「自分の存在を認められたい」、「人から評価されたい」って承認欲求がありますからね。


承認欲求の難しいところは、「周囲の人が満たす性質の欲求」であるところにあります。


「本人の自己評価」と、「他人の本人評価」とが一緒だったらまあいいのでしょう。


けど、人間は自己評価が高い生き物ですから(たぶん、たいがいは2〜4割増くらいじゃないのかしら?)ここが一緒であることはほとんどないのではないでしょうかね。


だから、自分の承認欲求がむくむくと頭をもたげてきた時に、やんわりと、控えめに、足袋を履いて他人様のお宅へ訪問するように「スゴいでしょ!」を表現するのがいい。


そんな「スゴいでしょ!」には案外と周囲は優しいのが人の世だと思います。


きっと、いい人間関係の根底には「お互いの承認欲求の満たし合い」の精神が無意識のうちに流れていると思いますし。


追記
自分は「俺ってスゴいでしょ!」を本人が口にするのはあまりなんとも思わないんですよね。自分にもそういう部分はあるでしょうし。この辺は保育園の園児がそのまま大きくなったのが大人の姿、ってイメージをもっていますし。


けど、第三者を操作して「あの人はスゴい」って言わせようとする人には距離をおきたいです。


この手の人には、「スゴいですね!」と笑顔で対応しながら心の中ではバイバイです。

May 24, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「俺ってスゴいでしょ」を考えてみる:

Comments

Post a comment