« 隣の芝生はたぶん青いような気がする | Main | 「別れ」と「復活」の狭間で考えたこと »

2012.06.28

【長文】転勤は喪失を獲得するチャンス

1993年春。


新入社員として入社して2週間で転勤の辞令がでました。私は金沢、もう一人の同僚が福岡。


出発の日、転勤を逃れた(?)10人近くの同僚が空港に見送りにきてくれました。


実感が湧かない、というのが実感でした。はじめての土地ですし、はじめての会社生活ですし、はじめての一人暮らしですし。


福岡に赴任する同僚も、私も付き合っていた彼女がいました。


同僚が気をきかせてか早めの時間に退散し、私と同僚、それぞれの彼女の4人だけの時間になりました。


学生を卒業したての新人らしく「それぞれの土地で頑張ろう」的なことをいいながら、どこか間がもたないような、どこか当事者ではないような不思議な時間を過ごしました。


「本当に行っちゃうんだね」


別れ際に彼女が口にしたこの一言がなぜかトリガーになりました。小松空港までの50分のフライト、なんだかわけがわからないけど泣けてきました。


結局、自分は2年と11ヶ月をこの金沢で暮らします。


当時の自分にとって、転勤は失うものだらけに感じました。


まずは、「社会人になったらガンガン遊ぼう」といっていた友人と離れました。


そして、「卒業したら頻繁に顔を出そう」と思っていた大学の部活にも参加がママならなくなりました。


彼女とは遠距離になりましたし、親元からも離れました(同居していた祖父は転勤中になくなりました)。


お世話になっていた新宿のスナックのママにはたくさんのツケを残しながら離れることを余儀なくされました。


「一緒に働いたら面白そうだ」と思っていた会社の同僚とも離れましたし、「この人の下で働きたいな」と淡い思いをいだいていた上司とも離れました・・・。


おそらく、転勤は「喪失の獲得」という側面を持っています。


私たちは「喪失」を必要以上に怖がる時代を生きています。お金だって、健康だって、人間関係だって、持っているものを失うのは怖い。


だから、全力をあげて「喪失」を回避しようとする。


けど、「喪失」を回避しつくした先にあるものは、人間としてのつまらなさのようなものじゃないでしょうかね?


お金がなくなるのが怖いから使わない、人間関係が壊れるのが嫌だからそこそこの付き合いをする・・なんて人が魅力的なわけないです。


おそらく、ある程度の「喪失」があることを前提に生き、「喪失」を自分に起きたできごとの一つとして受け入れていく・・・。


ここから、人としてのたのもしさや存在感、魅力や人格が形成されるのでしょう。


転勤は、きっと「喪失」を獲得するチャンスです。


大企業が有能な社員を転勤させるのは、「喪失の体験」を与えて幹部としての存在感や魅力ある人柄をつくるという一側面があるのでしょう。


というか、そんな側面が必ずあると信じたいですね。


私の「金沢転勤」を意思決定された当時の営業部長と、酒を飲みながら一度こんな話がしたいです(笑)

June 28, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【長文】転勤は喪失を獲得するチャンス:

Comments

Post a comment