« 酒を飲みたい夜ではなく、乾杯したくなる夜 | Main | 【長文】転勤は喪失を獲得するチャンス »

2012.06.26

隣の芝生はたぶん青いような気がする

1

アメリカの業者さんと話をしていると、日本マーケットにとても関心があるようです。


けどその関心を持たれている日本は、人口減やら、政治の混迷やら、輸出産業の低迷やらでとても困難に直面しています。


けど、関心を持たれている。


隣の芝生は青い、ってやつでしょうかね。


自分からみたらアメリカの広大(に見える?)なマーケットは魅力ですしね。


イベントに参加した限りの肌感覚なのですが、アメリカの経済はよくないようです。経済が悪くなるに従って、海外のマーケットが魅力的に映るというのもどうやら国を問わずどこでも一緒のようです。


これって、DNAにプリントされている人間の行動パターンじゃないかしら。


昨晩は、毎度の時差ぼけと酸素薄の中で2時間しか眠れませんでした。


旅をしていたから時差は得意でしょう、と全く根拠のないことを言われるのですが、時差ぼけはいつもダメですね。


けど、時差ぼけでぼけーっとしている間に思いつくことがなかなかキラリと光ることを思いつくのですから、人間は何が幸いするかわからないものです。

June 26, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 隣の芝生はたぶん青いような気がする:

Comments

Post a comment