« 年号は人間の節 | Main | 美しい祈り »

2012.07.21

自分の人生に影響を与えた10人

一人は、大学時代の二つ上の部活動の先輩です。


部に入って2週間ほどたったある日、「今日、部が終わったら付き合え」といわれ渋谷のパブに連れて行かれました。


で、「明日からこの店で働け」と。時給や待遇の話、自分の意向確認は・・確かなかった(笑)


「えええ、無茶苦茶じゃん」と思ったのですが、たぶんその手の無茶苦茶な世界観(?)が自分は好きだったんですね。無茶苦茶、が人間をつくり出すくらいのことを思っていた。


で、「明日から頑張ります!」とウィスキー(確か、バランタインファイネストでした)をロックであおり、1時間ほどで一本空けてべろんべろんに酔っぱらい、お店の前で「気合いが入ってない」とボコボコに殴られました。


そのまま、世田谷にあった先輩のお宅にいって、「教師ビンビン物語」ってテレビ番組をぶっ倒れそうになりながら見て、「田原俊彦がどれだけスゴいか」って話を朝まで聞きました。


まあ、無茶苦茶です(笑)


けど、お金の使い方について学んだのも(「学生ローン」というものを教えていただきましたね)、「運動やるのはいいが頭の中まで筋肉になるな」ということを学んだのもこの先輩の影響。


「組織の中でリーダーってどう存在するのか」っていうことを学んだのも、「言葉にできない気持ちや感情を言葉にしたい」と自分が思うようになったのもこの先輩の影響です。(とにかく、場の空気感を言葉にするセンスは素晴らしかったです)


この先輩にお会いできたことは、生涯の誇りですし、自分の一部はその先輩の創造したものといっても過言ではないかもしれませんね。


かれこれ、6〜7年くらいはお会いしていないのですが、「先輩だったらどう考えるのだろうかな?」とか「先輩だったら今の自分に何をいうのだろうかな?」と考える事がいまでもたまにあるんですね。


今年は時間をとって先輩の所にいきたいな、と思うのですが遠慮せずにズバッとしたことをいわれるんだろうなと思うと尻込みする自分もいたりして・・(笑)

July 21, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自分の人生に影響を与えた10人:

Comments

Post a comment