« 独立するために何をしたらいいですか? | Main | 東北にいってきました »

2012.07.28

ネガティブな言葉が勇気をくれる

1


たぶん、自分は前向きでポジティブな気質を持っています。


けど、「前向きになろう」だとか「ポジティブになろう」とか自分を鼓舞(?)するようなことはありません。


そこには、ダブルバインドが生まれますし、そもそも「ネガティブがダメだ」だと思っていない自分もいる。


光があたれば闇ができるように、ポジティブとネガティブは表裏一体ですしね。「ポジティブ=善」ってことが人の中で臨界点を迎えると、どこかに無理だとか無茶だとかが生じてくるでしょうし。


この本、ずいぶんと前に読んだのですがとてもいいです。


● 成功者の言葉しか世の中には残らないから「やればできる」が格言になる(陸上競技選手・為末大)


● 売れているのが良いもんなら、世界一うまいラーメンはカップラーメンだ(河本ヒロト)


● ネガティブの反動でしか生きていくしかない人種もいるのよ(マツコ・でラックス)


● もともと、「自分なんてない」と思ってますから。本当に「自分」なんてあるのかな?ないんじゃなかな。(有吉弘行)


後ろ向きだとかネガティブだとかってのは、たぶん人間に勇気を与えるんですね。


それは、人間の本質がポジティブではなく、実はこっちの方にあるからなんでしょう。


安直なポジティブシンキングはたぶん人間を幸せにしません。そんなものと適度な距離を置くセンスを持ちたいです。

July 28, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネガティブな言葉が勇気をくれる:

Comments

Post a comment