« 「未来の俺」との対話 | Main | 待ちに待った映画の公開でした »

2012.07.13

社長って社員の生活を守らないといけない?

「社員の生活を守らないといけないから社長って大変でしょう」


今の仕事をしていると、何気ない会話の中でこういわれることがあります。


この、「守らないといけないから」って言葉には「負担として重荷になるもの」ってイメージがどこかにありません?


ってか、そんな文脈で語られることが多いです。


けど、違和感があるんですよ、なんかこの言葉にね。


「独立している一個人を誰か(会社や経営者)が守る」ってどこかおせっかい意識が強いような気がするし、「社員の生活を守っている」なんて仮に社長が思っていても辞めていく人は辞めていく。


そもそも「『何かを守ること』を目標にする」ってのも本末転倒のような気がする。会社の目的って「社会やクライアントに何かを提供すること」じゃないかな、と。


「会社の売上をあげるのは社員」


これは、営業担当がどうこうという話ではなく、会社存続のための売上をあげていくのは一人一人の社員です。まずはここを押さえたいです。


これがないと、人件費ってものに対する見方がぶれてくる。人件費は「管理すべきコスト」になっていったり、「経営の重荷」としてとらえられたりする。


結果、社員を「守らないといけない存在」みたいな意識でみたりするようになる。


本来、「売上をあげていく存在」の社員が「守らないといけない存在」になっていくのですからおかしな話です。


「社員が売上を上げていく存在」と思えないのは、「仕事と給料があっていない」だとか、「仕事に対して手がけている人数が多すぎる」だとかいう具合に何かアンバランスが生じているからなのでしょう。


当然、この辺のアンバランスを調整するのは経営の大事なところ。特に、経営環境が大きく変化した今みたいな時代には、当然手を加えるべき部分です。


けど、ひとたびアンバランス感を調整したのであれば、「社員が売上をつくる」ということに全幅の信頼を置きたいところです。


「人に全幅の信頼を置く」ということはなかなか大変なことですけが、社長にそんな意識がないと逆に信頼は置かれないのでしょう。


この辺の相互の信頼感が、組織に所属する安心感みたいなものにつながるんでしょうね。


この「安心感」さえつくれれば、「生活を守る云々」はどうでもいいことなんですよ、きっと。一人一人はそこまで子供じゃないんだしさ。

July 13, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社長って社員の生活を守らないといけない?:

Comments

青タンさん>コメントありがとうございます!

経営者であれ業務の担当であれ、テーマを永遠に広げていくかどうかってのはその人によりますよ。

志が低い経営者もいますし、志が高い業務のご担当もいますしね。

自分が置かれた環境、そこで起こるできごと

それらを一つ一つクリアーしていくことでテーマが永遠につながっていく、って感覚を自分は持ってます。

そこでは、責任転嫁や言い訳がすべてを台無しにしてしまうので、ここだけに気をつけて環境を受け入れる姿勢を持ちたいな、と。

Posted by: 大塚和彦 | Jul 16, 2012, 9:20:11 AM

経営者としては、社会に貢献すること=会社の売上を上げる事=社員を守ること=・・・と永遠にテーマが繋がっていくんでしょうね。

私のような業務は「日々のやりくり=社員を守ること」なんですが・・・(笑)

赤字になれば、会社も社員も守れませんしね。

今、上期の損益の着地が赤字にならずに安堵してるところです。

Posted by: 青タン | Jul 13, 2012, 2:05:21 PM

Post a comment