« イタリアのお取引先と会食 | Main | 「無邪気な自分」はどこにいる? »

2012.07.09

思いが伝わる瞬間

1

「あっ、この人にこの思いが伝わっていたんだな」


って瞬間ってありますよね。


人間ってたいがいはストレートに自分の感情を表現できない生きもの。


だから、あいまいに気持ちを伝えたり、「いつかわかってくれる」と自分を慰めてみたり、本心とは逆の態度や言動をとってみたり、感情をストレートにではなく誇張して表現してみたり、「いい加減に分かれよ」と態度で伝えてみたり・・・


それでも、伝わる時は伝わる。


けど、伝わっていても相手側がその感情を表現できなかったり、伝えるチャンスがなかったり、そもそも伝えることの大事さを相手側が感じていなかったり・・・


男女間の恋愛に限らず、こうしたすれ違いっていたるところで発生しているんでしょうね。


さて、書けば書くほど、本心とはかけ離れていく感じがするので短くまとめます。


君はサイコーです!


あの場面で、あんなことができる人間性。一人の人間としてうらやましく感じました。


想像もしてなかった、サイコーの幕引きでした。


昨日で寂しい、残念だって思いも一区切り。


というか、見事に君の力量と全人格が一つの区切りをつかせてくれました。


いままでほんとにありがとう。


July 9, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 思いが伝わる瞬間:

Comments

Post a comment