« 互いの人生がシンクロした偶然に感謝 | Main | 自分の心を投影する街 »

2012.08.31

情報に対するリテラシーを持つ

1


「行き詰まった日本を捨てて、あなたは海外で生きられますか?」


というキャッチにひかれてたとえばこの本を読む。


「日本は閉塞感に満ちている」などの話があって、「成長著しいアジアで働くことの素晴らしさ、やりがい」みたいなことが書いてある。


でも、こういう記事に触発されて海外に出てもどうなんだろうかね?


自分は「人は、閉塞感や不安をモチベーションに行動を起こしたら失敗する可能性が高くなる」って考えてますから、あまり賛成はしないけどね。


戦争だって、経営だって閉塞感や不安への過剰反応で自分から自滅する事例なんて実例は山ほどありますし。


不思議ですよね。


人間は安全の欲求がありますから、本質的には自分の気持ちや環境の安定を望む生き物だと思うんです。


けど、自分自身の安定を脅かし、不安をあおるものになぜか触れようとしてしまうってこの矛盾。


今の時代には「自分自身の現実を直視する勇気」と同様に、「不安をあおるものにはむやみに触れない」って割り切りも必要なんだと思います。


その区別は難しいですけどね。


けど、なんでもかんでも「現実だ」とするには、世の中には身体にとって毒となる情報が多すぎます。そんな情報を摂取することが、逆に「現実を直視する」エネルギーをそいだりしてしまいますから要注意です。


海外で働くでも、起業するでも、転職するでも


「閉塞感や不安から行動をしていない自分」ってのを持っておくことが重要だと思いますよ。むろん、100%は無理でしょうけどね。


ということでS君、この本の感想になりましたでしょうか?

August 31, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 情報に対するリテラシーを持つ:

Comments

Post a comment