« 「できごと」を利用したらこうなった | Main | 自分に起こることには意味がある-確かにそうなのだろうが・・ »

2012.09.12

『イノベーションと起業家精神 』

1


数十年前のアメリカの話。


セブンイレブンの前身は、氷の小売店だったそうです。


で、「子供が熱を出したので氷をくれ」と夜遅くに訪ねてくるお客さんがいることにお店の誰かが気づき、お店に薬を置くようになったようです。


そうすると、薬が売れていくことに気がついた。


で、次第に商品アイテムを増やしていって、それが長い年月とともに「深夜や早朝にあったら便利なものを販売する」という市場をつくりあげていった。


そこには、経営者の戦略性なんかは無い訳です。


「この市場にはこういうニーズがあるだろう」ってなマーケティングなんかもないわけです。


お客さんの声や社内のささいなアイデアをきっかけに、小さくテストをしてみて、「予想もしない成功を生み出すもの」をたんたんと探す作業をしていただけなんですね。


昨日の午後はドラッカー博士の本を読むセミナーでした。名著『イノベーションと起業家精神』の第1章をひたすら読む、という内容です。


ドラッカー博士の本の何が素晴らしいかというと、「凡人でもイノベーションが可能だ」という思いにさせられること。


ドラッカー博士のいうイノベーションには、たぶん起業家の卓越性は必要ないんですね。新しい発明や、誰もが考えなかったアイデアなんかは必要としないんです。


ってか、むしろその手のものを否定している感じさえするんですね。


イノベーションは体系であり、学習可能であり、法則性があり、ってところが、自分のような人間には腹に落ちるわけです。


どこもかしこも成熟して、どこもかしこもコモデティ化している今の日本で、それぞれの会社がイノベーションを起こしていくことはとても大事なこと。


けど、「イノーベーションを起こせ」なんてかけ声だけかけたって、たぶん凡人には無理なんです。再現可能な体系と、実績に裏打ちされた法則性が必要なんです。


ドラッカー博士がこうした「武器」を惜しみなく提供していることに感謝しきり。あとは、自分の力を信じて活用し、実行するだけですね。

September 12, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『イノベーションと起業家精神 』:

» ビジネス 投資で成功する方法 from ビジネス 投資で成功する方法
ビジネス&投資を実践し、5年で10億以上の資産を手にし、そこで得た知識やノウハウを無料公開してますので、読者登録の上、熟読してください。 Read More

Tracked on Sep 21, 2012, 9:43:47 AM

Comments

Post a comment